ありがとう2023年!皆様に感謝。そして自分への…

2023年を振り返って

明日は大晦日。

それでもなんだか特に夜更かしすることもなく。

Clusterイベントも、見たいものはない。

 

寝ようか。

明日早起きして、なんかしようか。。。

 

…とか思って電気を消したんですが。

デスクライトをつけて、この記事を書き始めました。

 

すっかり放置気味になっているブログ💦

それだけ、「他にやりたいことがある」ってことなので、悪いことじゃない(はず)。

 

2023年は、なんだろうな。

「フリーランスとしての絶望&音楽に抱く希望」って感じでしたかね。

 

Kazumichiワークスという名前で、フリーランスとして食えるようになることを目指しているわけです。

しかし、僕には商才というものがからっきし無い💦

ほんと、お金を稼ぐ能力がない。

 

写真、ライティング、音楽制作、アレコレやってはみるものの、ピンとこない。

結局残ったというか、情熱を注げるのってシンガーソングライターとしての音楽活動しかないとハッキリしてしまった一年だったかもしれません。

 

メタバースでの音楽活動

Clusterでのライブ活動を本格的に始めた今年。

特に意識をせずとも、毎週土日にCluster(メタバース)で弾き語りライブを開催しました。

イベント数もいつの間にやら100回を超え、よく続いてるなと我ながら思いました。

 

「続いてるな」という自虐は、リアルのライブハウス活動の悔しさを知っているからです。

ノルマを払い、赤字の自己満足ライブ。

ライブハウスによっては集客のダメ出しをされたり。

自分のお客さんが0人なんてしょっちゅうだった事を思うと、Clusterで歌えてることがとてもありがたいんです。

 

そりゃ無料だから。

そうかもしれません。

だけど、無料だから気軽に見てもらえるけど、あっさりと見てもらえなくもなります。

そう、リアルと同じように、お客様が0人になっても不思議じゃないんです。

 

ありがたいことに、毎週聴いてくださるお客様がたくさんいます。

ビックイベントのように、何百人!ってわけじゃないですけど。

コアな常連様&初見様というパターンが多いでしょうか。

 

リアルライブでもいつも心で思ってました。

「(自分の歌、聴いてもらえさえすれば「よかった!」と言ってもらえるのに)」

 

実力もないくせに自惚れかもしれませんが、

自分の歌は自信を持って歌っています。

 

どんなに仲のいい友達でさえ。

例えば毎週2回、ライブがあるから来てほしい!と声かけたって

電車賃・チケット代・ドリンク代・ライブ後に飯食いに行くなどの交際費を

毎週毎週…付き合ってもらえるわけがない💦

 

知り合い?声かけづらい。

勤務先の人?声かけたくない。

誰を誘う?

 

…誰もいない。

 

Clusterライブなら、とにかく間口が広い。

たった一人でもいい。

聴いてくれる方がいてくれるというのは、本当にありがたいもんです。

 

お客様のお陰様

こればかりは、悔しいですけど事実。

聴いてくれるお客様が一定数いるのは、応援してくださるコアな常連様が宣伝してくれるから!

僕がどんなに一生懸命歌っても、正直言ってお客さんは増えないと思います。

これは、パフォーマンスの上手い下手とかそういう問題じゃないんです。

 

逆に僕だって、

どんなに上手い音楽ライブでも興味がなきゃ行きません。

もっと毒づくなら、

たとえ盛り上がっているイベントでも主催やお客様から感じるものが自分に合わなければ、行きたくありません。

そもそも人見知りなので、人から感じるものに敏感で。

 

Kazumichiワークスの歌を聴いてくださったお客様が、SNSなどでレビューしてくださったり、イベントの告知をしてくださったり。

それが積み重なって、なんとかイベントを継続できてるのかなって。

ありがたい。本当に嬉しいです。

 

Clusterライブが軸となり

ライブで歌い甲斐があると、新曲も作り続ける。

そしてオリジナルアルバム制作して、リリース!

ライブハウスで歌いながら展開したかったことが、メタバースでできています。

 

変な言い方ですが、僕自身なんか別に誰にも知られなくていいんです。

「Kazumichiワークス」というネームと

音楽作品やその他関連作品がひとり歩きして、活躍してくれるのが理想。

(あ、もちろんそれが仕事になるという意味でもね)

 

2023年は、1枚だけオリジナルアルバムを制作してリリースしました。

BOOTHでも販売

 

それより以前にリリース済みのアルバムも、Clusterライブを通じて知ってもらえました。

その流れでご購入いただいたり。

 

やっぱり、知ってもらわなきゃ始まらないと痛感しました。

 

年末なのでのんびりしてますが、また年明けからNEWアルバムの制作を再開します。

PCトラブルがあって悲惨でしたが、良かった面もあったので、気分新たにね。

 

自分を見つめ直す

Clusterでの活動は楽しいですし、やりがいもあります。

ただ、気をつけなきゃいけないと思う部分もあります。

 

「音楽活動」なんて言うからには、自分の作品を作ることと、パフォーマンスに誠実でいたい。

人様がどんなイベントをしようが、僕がとやかく言えるモンでもないし、言ったところで嫉妬か悪口にしかならない笑。

だから大前提として、「自分は自分のイベントを頑張ればいい」のだけれど。

 

でも色々感じることはあります。

僕は良くも悪くも正直なので、言っちゃうんですが。

 

お金を稼ぐのは、自分の作品で。

演奏するのは自分の歌。

(カバーはあくまでも変化球的なパフォーマンス)

ちゃんと「イベント」としての形を準備して行う。

 

こういうイベントでバンバン稼いでるなら、僕はきっと納得するんだと思います。

(もちろん悔しくて嫉妬しますがw)

 

僕の視野も狭いのかもしれませんが、

音楽イベントに関して言えば、オリジナル曲で勝負してるイベントは少ない。

そりゃそうか。だってウケませんからね。

 

ほんとの意味で、歌に人生を注いでるのならば。

僕はやっぱり、オリジナル曲で勝負するか、オリジナル作品をシンガーとして歌うのが正々堂々かなって。

 

周りと比べたら悔しいほど人気がない。

コアなファンがいてくださるから成り立っているものの、イベントとしては相手にされていないレベルw

 

もちろんClusterのイベント情報に取り上げられるはずもない。

 

お客さんの数を増やしたくて、変に媚を売ったり、取り繕ったり。

まあ元々そういうタイプじゃないから、そんなことはしないんだけれど、今一度!自分を見つめ直そうじゃないかと。

 

ライバルは自分自身

2024年の目標は?と考えたら。

「ライバルは自分自身と心えよ!」って感じでしょうか。。。

 

Kazumichiワークスは、なにげに負けず嫌いです。

すぐヒトと比べてしまいます💦

マウントを取ったり、優越感に浸るわけじゃないんですが、「負けていないことを確かめたい」」という感覚かもしれません。

 

それぐらい、自分に自信がなかったり、人が輝いて見えてしまい、嫉妬してしまう。

ヒトと比べてもしょうがないのに。。。

わかってるんですけど、「なんでそれでそんなに稼げるの?」「なんでそれでそんなに人気があるの?」とかって音楽においては自分の力量と比べてしまう。

 

いい意味で、孤高になろう。

 

きっと人は離れていく。

それは不思議じゃない。

自分の音楽を人に気に入ってもらうというのは簡単なことじゃないから。

 

だけど、そういう志だからこそ聴いてくださる方や、作品を購入してくださる方がいるんだと信じています!

ベクトルが違うんだから、他所はよそ!自分は自分!

 

オリジナルを作り続けなきゃ、素敵なオリジナルを生み出す力がつかない。

そんなこと当たり前。

イベントの華やかさに惑わされて、自分の歌を卑下するのはやめよう。

大丈夫だ。

Kazumichiワークスの歌が好きと言ってくださる方だっている。

そんな方達のためにも、堂々と地味なイベントやっていこうw

 

KazumichiワークスはVtuberじゃない

わざわざいうことじゃないですが、Kazumichiワークスは「V tuber」なんて目指してません。

そもそもVtuberって何よ?って思ってます。

 

シンガーソングライターです、あくまでも。

顔出しも写真等でしてます。

ライブ活動の舞台がメタバースなだけで。

リアルライブも好きですが、集客や金銭的な理由などでやってないだけで。

 

僕が憧れてるミュージシャンを思えば、ネットから大成功した有名歌手でさえダサく感じる。

バカにはしない。だってネットから成功するのだってどれだけ大変かわかる気がするから。

 

ライバルは自分自身!ってさっき書きましたが、自分の音楽活動を信念を持ってやればいいだけ

自分に言い聞かせてます。シンプルにそれだけな!

 

余談ですけど、顔出しせずに売れたら、どうすんだろ?

顔出しして「(うわぁ〜イメージと全然違う。。。)」ってなったら、あっという間に落ちそうなもんですが。

違う角度からの考えですが、顔出しせずに売れようなんて虫が良すぎるよね…とも思う。

 

そういった部分も含めて、KazumichiワークスはVtuberじゃない。

ハゲたおじさんですけど、いいんです、歌が主役なので。

そういう路線である以上、いかにいい作品を作って聴いてもらうかしかないじゃない。

 

2024年も、メタバース✖️音楽

もちろんClusterライブに磨きをかけていきます。

そして、音楽作品を生み出していく!

自慢できるような成果じゃないですが、メタバース活動を通して自分の音楽で稼ぐことができると可能性を感じました。

願わくば、これからも聴いてくださる方がいてほしい。

 

そして大事なこと!

もっともっと、自分の音楽活動で稼げるようになりたい!

 

挨拶すらシカトされるような

感じ悪い看護師やワーカーだらけの掃除のバイトなんて

やらなくていいならやりたくもないわ!

 

あ 口が滑ったw

 

読んでくださってる皆様、2023年ありがとうございました。

2024年、Kazumichiワークスとご縁があった方、素晴らしい年にしましょうね!

 

それでは!良いお年を!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ありがとう2023年!皆様に感謝。そして自分への…” に対して2件のコメントがあります。

  1. 通りすがりのひよこ より:

    こんばんは!
    考え方、とっても似てるなぁというところが多々あり思わずコメント失礼します。
    私も一個人として稼ぐ能力も低いし、コミュニケーション力も低く、2023年を振り返ると、周りと比較して落ち込んでばっかりだった気がします…
    そんな中でも自分のスタイルを貫くカズミチさんの姿勢、尊敬と同時に見習わなきゃなと思いました!
    こうやって書くと失礼かもしれないのですが、手に持つ武器は違えど、己の目的に向かってまっすぐ進む戦闘スタイル、勝手に仲間だなと思っております。
    2024年も、旅の途中で出会った仲間として(生意気書いてすみません)、それぞれの目的地に並走して進んでいけたら嬉しいです。
    またライブ伺います!今年もお世話になりました

    1. Kazumichi より:

      通りすがりのひよこ様
      読んでくださりありがとうございました。
      メタバースやSNSで存じ上げている方だとしたら(こちらのIDでは判断できないので)、2023年お世話になりました!

      自分のいい面でもあり、悪い面でもあるんですが、「負けたくない」という思いがどこかいつもあるんですよね。
      世の中はすごい人がたくさんいて、上を見ればキリがないほど打ちのめされてばかり。
      何度も何度も「自分らしく」と言い聞かせて修正しながら、音楽などをやっています。

      記事に共感してくださったということは、きっと似たような感覚をお持ちかと思われます。
      悔しさやモヤモヤ、いっぱいですよねー笑

      でも井の中の蛙で勘違いするよりは…ね。
      お互い頑張りましょう!

      ライブをご存知だということは、おそらく知っている方だと思いますので。
      こちらこそ、お世話になりました!
      来年もよろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

two − 1 =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)