NEWアルバム制作開始

今年も終わるというのに、新しいアルバム制作に取り掛かりました。

リリースは来年2月頃の予定です。

Kazumichiワークスは、フリーのシンガーソングライター。

スポンサーやらサポートメンバーやら一切ありません。

全部自分でやります。

今の時代、別にプロじゃなくたってスタジオでRECしたりMIXやマスタリングを外注したりも当たり前のように出来ます。

完成度の高い作品も出来るでしょう。

 

 

しかし。

品質とセールスは全く別物で💦

お金かけて作った作品が全部売れてるなら、世の中人気ミュージシャンだらけですよって。

昔なら、音楽作品をリリースするってなると、制作は勿論、プロモーションやメディア露出など一連の流れがきっとあったんでしょう。

現在は諸々変わっているのでは。

時代が違うって話で。

 

現実的なシビアさはもちろんありますが、良くも悪くも個人で作品販売はできる時代。

ダウンロード販売であれば、極端な話、データファイルさえ作れれば販売できる。

スマホで録音したひきがたりでもリリースできる。

Kazumichiワークスは、作詞作曲、DTM、アートワーク制作、流通、全部自分でやりたい。

究極のシンガーソングライター活動だと思う。笑

色んな考え方があると思いますので、別に良いとか悪いとかじゃなくてね。

そういう活動が成立するように頑張ってるというか。

こんな純粋でおめでたい、おバカな音楽活動はない。

最高じゃないですか。

そして、何万人とは言いませんが、応援してくださる方もいるし購入してくださる方もいる。

リアルライブハウス活動時代には成し得なかったことが、メタバースで出来てるんです。

 

やり甲斐があります!

コツコツと。

淡々と。

 

以前観た、斉藤和義さんのドキュメンタリーで、基本低いテンションでずっと制作しているのが、ある意味インパクトがあった。

なんか、あの感じ、わかる気がします。

頭にはやりたい事や音楽イメージがグツグツしてる。

でも作業で力んだり張り切りすぎると、

一区切りで燃え尽きちゃうんですよね💦

第一線で活躍されてるミュージシャンは、そういう次元じゃないかもしれませんが。。。

 

正直なところ、自分なりの気持ちのコントロールみたいなものがないと、くたびれちゃうんですよ。

だから一見、やる気なさそーなw斉藤和義さんのスタイルって、実は凄くプロフェッショナルなのかもしれませんね。

 

Kazumichiワークスもたった一人で何曲もアルバム用の音源を新規制作します。

けっこうくたびれますw

平日バイトから帰ってコツコツ進め、

週末に完成が今のところベストな流れ。

10曲用意するとなれば、単純に10週間です。アートワークなど音源以外の作業を含めれば、3ヶ月くらいが目標です。

見習う事くらいしか出来ませんが、

気を高めず?今作ってる楽曲のみに集中して、コツコツやっていこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

20 − fifteen =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)