【ヘッドフォンCPH7000】全然違う!AKGとの比較から感じた個人的レビュー!

CLASSIC PRO CPH7000

ヘッドフォンの左側が鳴らないという不調が続き。

音源制作にもストレスを感じるようになったので、新しいのを購入しました。

 

【CLASSIC PRO CPH7000】というモニターヘッドフォン。

サウンドハウスのブランドですね。

 

正直に言います。

価格もリーズナブルですし、どうしても老舗ブランドと比べてしまうと

「(こんな安いけど、大丈夫なのかなぁ…)」

申し訳ないですが、そう思っちゃってまして💦

 

CLASSIC PROブランドで様々な機材がありますが、勝手なイメージで「価格相応じゃなかろうか…」と。

大変失礼な偏見かもしれませんが。

 

今回、AKG240Studio(昔、長く使用していた)を選ばず、あえてCPH7000にしたのは、高評価レビューが多かったからです。

 

そんなにいいのかな?

サウンドハウスを利用してるユーザーは、音楽制作に慣れ親しんでる方も多いはず。

きっと様々なヘッドフォンを使ってきた方々も、割と高評価してるのかなと思って。

いつもAKGですから、いっちょ試しにCLASSIC PROを使ってみようか!という冒険心でした。

 

Kazumichiワークスという名前で、毎週末Clusterイベントを開催しています。

メタバースでの弾き語りライブです。

「Kazumichiワークス Acoustic LIVE」

 

先日のClusterライブの開始5分前にヘッドフォンが届いて💦

大慌てで開封して接続!

音を聴いた瞬間。

 

「うわ!今までと全然違うわ、これ!」

 

愛用していたAKGと比較

残念ながら壊れてしまったのは、AKG K271mk2という製品。

僕はAKGが好きなので、もちろん気に入ってました。

個人的な感想や表現でしかないかもしれませんが、僕にとってAKGは「柔らかい音」という感じがするというか。

K271の前には、「K240 Studio」という超定番モデルを使っていました。

こちらは「セミ・オープン」タイプなので、密閉型のK271とは聴こえ方も違いました。

密閉型がヘッドフォンの中にこもって聴いてるイメージなのに対し、セミオープン型はその空間でナチュラルに聴いてる感じがします。その自然さが好きでした。

 

ただ、セミオープン型は外部に音が漏れます。

それがRECの時に気になって。

だから次は密閉型にしようと思ってました。

 

ただ今となっては、またK240 Studioを使おうかなと思えるくらい、良いヘッドフォンだと思ってます。

 

さあ、そんなAKGひいきですが、CPH7000の感想はというと。

「全然違うタイプだわこれは!」

ソニーの定番ヘッドフォンで、「MDR -CD900ST」というモデルがありますが

僕はこれがあまり好きじゃありません。

試聴したときのイメージが「カチカチ・耳に刺さる・ギラっと生々しすぎる」という感じだったので。

 

CPH7000、このソニーのヘッドフォンにそっくりというレビューがありました。

僕の第一印象もそんな感じ。

 

音が近い!

中高音がちょいキツイ💦

…そんな感じ。

 

じゃあ好みじゃない?

いやいや、そんなことはなくて。

ヘッドフォンでライブ配信をモニターしましたが、音抜けがめちゃくちゃ良い!

(壊れたヘッドフォンが、かなりこもっちゃってたのかもしれませんが💦)

 

音の分離も良くて、「ああ、ソニーのヘッドフォンの感じだなぁ」と。

以前とは考えが少し変わっていて、DTMでMIXをする時には今までより良いかも!と感じました。

 

しばらく使用していると、ギラツキというか、最初のカチカチっとしてた硬さが和らいできた気がします。

ちょこっと角が落ち着いたというか。

 

オリジナルアルバム用の音源制作をしてまして。

毎週のようにMIXをしてますが、だんだん使いやすくなってきましたよ。

EQの調整がしやすくなったかも。

むしろ、今までちょっと大丈夫だったかな?💦ってくらい、高音域の聴こえ方が違って。。。

MIXの仕上がりも、きっと今までと違うかもしれません。

(たぶん良くなるんじゃないかと)

 

音以外の部分では?

別に不満はないです。

イヤーパッドはもっちり気持ちいですし、バンドもクッション性があります。

見かけの安っぽさも感じないというか、気にしてない。

これだけ柔らかいと、ヘタるのも早いかもしれませんが、それは仕方がないかな。

別に小顔じゃない僕が装着するとこんな感じ。

着け心地はいいですよ。

 

コスパのいい優秀なモニターヘッドフォン

CPH7000は、アリかナシか?

全然、アリだと思います!

むしろ、モニターヘッドフォンとしてかなりコスパのいい製品じゃないでしょうか。

 

好みやブランド嗜好もあるので、もちろん他にも良いヘッドフォンはあると思います。

ただ、正確に好みのヘッドフォンを選ぶのは結構難しくないですか?

店頭で試聴したって、自宅の環境とは違う。

ぶっちゃけ、聴き慣れちゃえばどんなヘッドフォンでもそれを使うわけで。 笑

 

なので、DTMや楽器のモニター用など「ハッキリ音を聴きたい」と考えている方。

・初心者だしヘッドフォンのことなんぞわからん!

・結局どれが良いのか迷う!

そんな方の候補として良いのではないでしょうか?

 

お好きなヘッドフォンを使えばいいとは思いますが、自分で演奏・録音・MIXをすべてやってるKazumichiワークスが感じたCPH7000の印象でした。

ご参考になれば幸いです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

3 × one =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)