【Cluster】クリエイティブにフザけて遊ぶ

妄想から存在へ

Clusterで弾き語りライブをするようになって。

最初こそお客さんはいなかったですが、今では楽しい時間が過ごせるほどお客様に恵まれています。

Kazumichiワークスの音楽のちから!

 

…と言いたいところですが、そうじゃない。

 

お客様が宣伝してくださったり、ライブのレビューをツイートしてくださったり。

先輩パフォーマーたちのお力添えがあったり。

 

ハッキリ言って、みなさんのおかげで、みなさんと楽しく過ごせています。

いつもありがとうございます。

 

ビッグイベントのような華々しさも、各分野のスタッフを揃えてド派手な演出も、何もありません。

Kazumichiワークスのイベントは、潔く「音」のみ。

アコギの音。ピアノの音。ハーモニカの音。そしてKazumichiワークスの声。

それだけです。

 

それでも、楽しんでくださるお客様がたくさんいます。

なぜか?

 

「お客様が進んで楽しんでくれているイベントだから」かもしれません。

 

Clusterのユーザーはクリエイティブな方が多い。

音楽の演奏もそうですが、ワールド、アイテム、アバター、衣装。。。

みなさん、それぞれの得意や「好き」な分野で、制作を楽しんでいます。

 

Kazumichiワークスのライブにも、最近特徴が出てきました。

 

KazumichiワークスTシャツやジャージを着てくださってるアバター。

アバター自体が、偽物のKazumichiワークス。

通称「モブカズ」「モブみち」「ニセカズ」…なんか色んな呼び名w

 

さらにはSNSのノリから派生した「テカチュウ」という、某オマージュキャラ。 笑

 

アバターや衣装を制作するのが得意なユーザーさんがほんと多いので、あっという間におふざけモードに突入!

簡単にいうと、「ハゲいじり」ではあるんですが、皆様の優しいおふざけ感と、Kazumichiワークス本人が乗っかってるのもありw

イベント会場では、アドリブでおふざけ場面がちょいちょい訪れます。

 

うん。こういうのが必要なのかも知れません。

 

イベントの形も、もちろんそれぞれ。

ビシッと練り込まれた進行だったり、ゆるくまったりとした雑談風だったり。

音楽イベントだって、カラオケ、ピアノ、アイドル、セッション、弾き語り、色々。

 

お客様はのんびり見ているだけでいい。

ですが、つまらなければ退出もできるわけです。

僕自身、ある程度は気遣いで最後まで観覧しているときもありますが、正直につまらないと思ったら退出します。

 

演者がどんなに「最高のイベントにするぜ!」って息巻いても、お客様の反応はきっと何倍もドライです。

スカしてカッコつけて。またはウケを狙っておちゃらけたり。

浅はかさは、お客様にすぐ伝わります。

そしてお客様は、遠巻きに眺めてるだけ。。。

 

それじゃ、形だけのイベントでしかない。

それでもいいのかも知れませんが、それを続ける楽しさがありますか?

 

イベントに熱がこもってくるのは、お客様がいかにのめり込んで遊びたくなるか。

演者と同じくらい、会場でアクティブな気持ちのお客様がいるかどうか?

そう感じます。

 

もちろん全員じゃなくていい。

のんびり見たいお客様もいるでしょうから。

何割かのお遊び大好きなお客様に楽しんでもらえるだけで、イベントの空気は全然違います。

内輪ノリが過ぎないように気をつけながらも、「お客様が遊ぶ時間」としてのイベントであることも大切なのかも。

 

そこにKazumichiワークスの歌も交えて、笑いあり・感動ありの音楽ライブイベントであることが理想です。

 

現実では不可能なこと。

誰かと同じ姿になるとか、架空のキャラになるとか。

メタバースの世界は、妄想や想像が具現化されるという楽しさがある。

 

これは、きっとメタバースならではのイベント感覚と言えるのではないでしょうか。

 

 

マンガのようなその時間

メタバース空間でのアバター。

だからこそ、漫画のようなおふざけも無限なわけで。

全員違うお客様です。

でも、Kazumichiワークスのニセモノになるという、一種のノリです。

そしてオリジナルジャージ。

みんなハゲてる 笑

 

こんなことは現実ではあり得ないこと。

メタバースでは、いとも簡単にこういう遊びができてしまう。

 

そして、これは結構重要なポイントかもしれない。

こういうノリから、「仲間意識」が芽生えるんです。

要するに、こういうのをキッカケに仲良くなるってことです。

 

Clusterイベントには臨場感がある。

アバターとはいえ、友達に会っている感覚があるんです。

つまり会場で仲良くなると、「またイベントで会いましょう!」ってワクワクするんですね。

 

マンガのキャラが集まる感覚にもちょっと似てる気がして。

みなさん一人一人個性がある。

それはアバターを介してもしっかりと感じるんです。

 

マンガならなんでもありでしょ?

Clusterでも、不快なことや誰かを傷つけるようなことじゃなければ、思い切りふざけて遊べる。

それがとても楽しい時間になる。

 

遊んでるんです。

でも、すごく夢中に、クリエイティブに。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

20 + six =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)