「固定電話」から「固定配信機材」へ。

電話いらずの世代

もちろん、電話がなくてもいいというわけではない。

受け継がれてきたツールとして、なきゃいけない場所もあるでしょう。

会社とか、公共施設とか。

お店とか。

 

ただ、家ではどうでしょう?

特に一人暮らしのマンション住まいとか。

まあ家族世帯だと、さすがに電話があるのかな?

いや、もしかしたら今は個人が携帯を持っているだけかもしれませんね!

 

今日言いたいことは。

オーディオインターフェイス・マイク・ヘッドフォン(イヤフォン)があれば、メタバースでいくらでも話せる!ってことです。

でました、メタバース!

かぶれちゃってますか?

 

自分がCluster でLIVEをやってみて、お客さんとのコミュニケーションを体感して。

「話したい人とは、メタバースで会えるじゃん」

その面白さを知ってしまったから、メタバースはもうKazumichiワークスにとって必須となりました。

 

電話と何が関係あるのか?

配信機材があれば

メタバースに関して、僕はClusterしか知りません。

それでも存分に「メタバース」での交流というのを楽しめています。

 

電話は、電話代がかかります。(当たり前かw)

スマホも然り。

 

ここ数年で、ZOOMなどネット通信での非対面コミュニケーションが当たり前になり。

会議や遊び、面接や取引など、様々な場面で使われていると思います。

 

僕はあまりZOOMが好きじゃないかも。

なんだろう?

変な例えですけど、「写真に写ってる自分をみたくない感じ」に似てるというか。

自分の顔を客観的にみたくないんですよ、僕は。笑

 

「もうちょっと男前だったら!」とか思うもん。

ハゲとるやん!って。

 

それはさておき。

じゃあ、Zoomなど非対面コミュニケーションと、メタバースでのコミュニケーション、何が違うのって?

 

個人的には「相手との距離感」が全然違う気がします。

 

Cluster で例えますが、アバター(自分の分身キャラクター)でワールド(バーチャル空間)で他のアバターと会うわけです。

「いやいや、ゲームみたいなもんじゃんw」

わかりますよ、そういう気持ちも。

自分が最初そう思ってましたから。

 

でも、このアバターに自分自身を重ねる感覚があるんですよ、意外と!

アバター同士でワールド内にいると「その場で会っている」気がしてくるんです。

 

そこで配信機材ですよ。

・オーディオインターフェイス(音をPCに取り込むための機材)

・マイク(自分の声をネット上で発するため)

・ヘッドフォンやイヤフォン(相手の声や音を聞く)

これをセッティングできれば、Cluster のワールド内でいつでもお話ができるわけです。

(※Cluster はスマホなどでも使えますが、より安定した音声コミュニケーションを想定した機材の話です)

 

例えば、こんな感じのセット。

 

Cluster 内で、電話のように相手と会話ができます。

マイクの音声をインターフェイスを通してPCに取り込み、相手に聞こえる。

相手の声はインターフェイスにつなげたヘッドフォンから聞こえる。

(配信が当たり前になってる世代には説明不要でしょうけど、黒電話をご存知の世代でよくわからない方のために)

 

これ、光回線など契約してれば、もちろん回線の月額しかかかりません。

 

もうひとつ、メタバースの面白さは、相手の容姿がわからないこと。

これ気楽 w

素っ裸でもいいわけで。

 

LINEだっておんなじようなもんじゃん?電話の代わりなら。

電話ならそうでしょう。

でもコミュニケーションとしては、メタバースの方が面白いかも。

写真や動画の共有、その場で音楽も流せる。

 

うん。やっぱり「会ってる感覚」、これに尽きるかも。

 

なぜに、そんなにメタバース推しなのか?

KazumichiワークスのCluster LIVEに遊びに来て欲しいから! 笑

というのもありますが、「遊びに行く感覚」「バーチャルで人と会う感覚」の面白さを共有できたらと思いまして。

 

ある意味、いい時代です。

好きなだけ話せるバーチャル空間がある時代。

 

そんなメタバースでの活動に、Kazumichiワークスは夢中です!

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

4 × one =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)