プレミアム会場の完成!KazumichiワークスのAcoustic LIVEはここで!

メタバースLIVE HOUSE「ONE ROAD」

少々ブログがご無沙汰になっていました。

というのも。

前回の記事でも触れましたが、Unityでのライブハウス制作に没頭しておりまして!

そしてついに!

自分専用のバーチャルLIVE HOUSEが完成!

 

「ONE ROAD」

この空間は、イベント時のみ公開するプレミアムな場所です

普段はご覧いただけませんので、ぜひKazumichiワークスのメタバースライブにお越しいただき、このライブハウスの雰囲気を味わってください。

Acoustic LIVEを定期開催

何度かお話ししていますが、昔から自分専用のバーチャルライブ空間が欲しかったんです。

YouTubeやSNSのLIVE配信とは違う、「バーチャルな場所」

まさにそのイメージを、Cluster ワールド「ONE ROAD」で具現化しました!

 

さっそくクリスマス・イブの日に。

お披露目Acoustic LIVEを開催。

お越しくださったお客様にも好評で、苦労して作った甲斐がありました。

音声トラブルに困った事態にも陥りましたが、LIVEそのものは楽しく開催できてよかったです。

(音声はちょっとしたことで出力できなくなるので不安要素。。。)

 

少し前からCluster ワールドで弾き語りLIVEを開催していましたが、「ONE ROAD」が完成して一層LIVEに意欲的になってきました。

「Kazumichiワークス Acoustic LIVE」というイベント名で、Cluster で定期的にLIVEをします。

イベントの予定は、KazumichiワークスのTwitterやCluster HPのイベント予定からご確認いただけます。

 

固定観念を捨て去って。

「リアルなライブじゃなきゃ意味がない」とか、「所詮は配信のごっこじゃん?」とか。

そんなこと、どーでもいいです。

リアルなライブが成り立つなら、そちらで頑張ればいい。

配信ライブが成り立つなら、それを楽しめばいい。

両方をやったっていい。

 

僕は自分の曲を聴いてもらえる機会が増えることが目的。

リアルなライブじゃ、逆に集客できなくて聴いてもらえない。

それどころか、チケットノルマはかかるし、集客力のなさにダメ出しするライブハウスまである。

 

メタバースライブで歌ってる方が、よっぽど不特定多数の方に聴いてもらえてる。

これ、現実です。

今日なんか、音楽家の方に聴いていただけてお褒めの言葉をいただけました。

自負してもいい部分だと思うのであえて言いますが、聴いていただけさえすれば結構心に響くと思うんです。

カラオケを歌ってる配信の方が大勢のお客さんで盛り上がっています。

それはそれで楽しい配信なら僕があれこれ言うことでもありませんが、自分とは毛色が違う。

 

メタバースといえども、ガチでやってるつもりです。

 

何をもって「ガチ」というのか?

やっぱり自分自身を表現するということに尽きるのかと。

 

オリジナル曲を歌うのが当たり前。

だって、シンガーソングライターですもの。

 

弾き語り生演奏が当たり前。

だって、Guitar弾きですもの。

 

自分専用の場所を自分で作り、歌も自分で作り、自分で歌う。

これほど究極的に自分表現してることこそ、ガチと言わせてください。

 

「ONE ROAD」をプレミアム空間としているのも、そういう思いから。

ご理解いただければ幸いです。

 

Acoustic LIVEは、無料観覧出来ますので是非お越しください。

チケット制にもできるみたいですが、それは10年早いか。。。

パンクしそうなくらいのお客さんで回線的に困るくらいになったら、有料にしますw

(まあ、それはないか)

 

あきらめずにUnityに挑戦してよかったです。

メタバースLIVE HOUSE「ONE ROAD」でお会いしましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

16 + 19 =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)