【Unityでワールド制作】とりあえず作ってみます!ってノリで

こだわりたくて

Clusterで弾き語りライブを始めてから、だんだんと欲が出てきてしまいました。

現在、自分で作ったclusterワールドは、Clusterの専用ツール「ワールドクラフト」を使用しています。

簡単にワールドを製作できるので、直感的に自分のイメージを形作ることができる。

小学生でも全然作れちゃう。

 

ただし、そのぶん「簡略化」されています。

見た目もリアルじゃないし、「こうしたい!」と思うようなことまではできない。

 

僕は「ライブをする場所」というのがポイントになっているワールドを製作したい。

まあ、アバターが動くわけじゃないので(モーショントラッキングとかすれば別ですが)、どこまで「こだわりたいか」って話なんですが。

 

弾き語りライブステージをイメージする上で、「スポットライト」はやはり欲しいんですよねぇ。。。

ステージで照明を浴びているあの時間は、自分の人生を賭けて歌っているかのような「勝負場」みたいな。

ちょっと大袈裟ですが、そういう感覚がある独壇場。

 

だからやっぱり、スポットライトが必要でしょう!

 

ワールドクラフトでは、これはできない。。。

Clusterで開催する僕のAcoustic LIVEを聴きにきてくださってる方が、どこまで気にするかわかりません。

でもリアル?な方が良いですよね。

バーチャル的な意味でのリアルさというか。

 

ファミコンの描写より、現代ゲームのリアルな描写の方が良いじゃないですか。

clusterのワールドだって、そりゃそうよ。

 

手の込んだワールドを作成してる方がたくさんいらっしゃいます。

ほんと凄いのなんの。

雪とか降ってんだから 笑

 

僕は主軸が音楽製作なので、ここまでワールド製作に力を入れる気はございやせん💦

それでなくても、クリスマスソングの制作が遅れてる。。。

だけど思うがままに、満足する程度にはUnity でもう少し凝ったワールドを作りたくて。

 

そもそもUnity でのワールド制作はどうやんの?

ってところからですが w

諸々の細かなことは置いといて

とりあえず、やってみるか!って感じで。

クラフトアイテム制作を連日やっていたせいか、Blender&Unity の流れをだいぶ掴んできました。

簡単なアイテムであれば、チャチャっと作れるくらいには。

なので、ワールド制作も「BlenderでモデリングしてUnityにインポート」という流れで、やってみました。

 

心配なのは、アップロードの際の制限。

クラフトアイテムの場合、ちょっとこだわったらすぐに制限に引っかかってしまう。

モデリングも、あまり凝ったことはできないんです。

 

ワールドとしてはどうなのか?

なんか、「ワールドとしてアップロード」の方が自由度が高そうですね!

あまり凝りすぎると負荷が重たくなってしまう(ワールドに来てくれた方が快適に利用できない)みたいなので、その辺は意識しなきゃいけないかもしれませんが。

 

ライブハウスを制作し始めました。

昔、お世話になっていたライブハウス東京・下北沢にある「下北沢LOFT」。

そこをイメージして、小さなライブステージがある空間を作ってます。

せっかくメタバースなんだから、いくらでも広い空間が作れるでしょって?

いや、僕は「こじんまりした感じ」が好き。笑

今作ってるワールドも、リアルな小規模ライブハウスのキャパを意識してます。

アバターで50名くらいでギュウギュウじゃないかな?

アバターで埋め尽くされてる感じも、面白そうですけどね。

そうそう、この感じよ!

やっぱりアングラな弾き語りには、暗がりにスポットライトでしょ w

 

休日のほとんどをこの制作に費やすくらい、夢中になっちゃってますが💦

(歌も作らず…)

 

でもね、スタエフで言ったんだっけか?

漠然と思い描いていた「バーチャルライブ活動」の形にだんだん近づいてるのよ。

 

そう、こういう

 

「自分だけのオリジナルライブ空間」で、

 

ネット上でいろんな人がアクセスできる場所で、

 

自分の音楽を表現する。

 

 

…まさに、今やろうとしてることじゃないですか?

 

 

あんまり、「全部を自分でやる」人はいないかもしれない。

そりゃ大変ですもん💧

 

音楽を作る。

ライブをする。

ワールドを作る。

音楽制作の知識はもちろん、機材のセッティングやら、配信のやり方、おまけにワールドの作り方まで学ばなきゃいけない。

 

音楽制作は時間がかかる。

なのに、ワールドの制作もやってる。

 

そりゃ時間がいくらあっても…ですわ。

 

専門で取り組んだ方が良いんでしょうけど、僕は「全部自分でやりたい人」なので。

Kazumichiワークスはマルチクリエイターなので。

(とか、ナマいっちゃってますが)

 

迷うことなく、やりたい事をやってます。

音楽✖️メタバース。

Kazumichiワークスなりに。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

1 × one =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)