【Clusterアイテム】座れるカホン

Cluster用アイテム「カホン」

打楽器「カホン」を制作。

あ、クラフトアイテムの話ですよ。

 

↓本物のカホンはこんな感じ。

カホン自体がシンプルな楽器なので、アイテムとしては作りやすい。

もっとこだわって再現できそうですが、Clusterアイテムとしてアップロードするときの制限に引っかかるのもいやなので。

サクッとシンプルにね。

 

ただ、カホンは椅子のように座って演奏する楽器。

Unityの「コンポーネント」をつけることで、カホンに腰掛けることができるようにしました。

 

実は、試してみたことがあります。

「カホンに座った時に、叩くようなモーションをする」という感じにできないかと。

 

実際にあるみたいですね、そういう作り方が。

(こちらの記事を参照ください)

 

モーションをダウンロードできる「Mixamo」から、座って手を動かす(カホンを叩いてる風)のモーションをダウンロードして、チュートリアルに沿って作ってみたんです。

でも結果、うまくいきませんでした。

 

やはり、「クラフトアイテム」としてアップすると、モーションが反映されるコンポーネントが無効なようで。

「ワールドアップロード」(バーチャル空間ごとのアップロード)して、その中のアイテムの一つだったら反映されるのかもしれません。

 

正直、Unity でワールドを作ることには興味があります。

(※現在、自分のワールドは「ワールドクラフト」を使用)

でもそこまでやっちゃうと、音楽制作の時間が。。。💦

 

ちょっとずつやればいいんでしょうけど、だったら「アイテム制作でいいや」ていうのが今のところ。

 

「座れる」コンポーネントを追加して

モーションをつけるのは無理でしたが、ちゃんと「座れる」ようにはできましたよ。

Unity でアイテムを作る際、「コンポーネント」を追加するというものがあります。

僕自身が全然使いこなせていないので、説明もボヤけていますがご勘弁を。

要は「アイテムがどうなる」「アイテムに対して何をする」など、何かしらのアクションを追加するような感じ。

 

最近覚えた基本として「アイテムを持つ」というのもそう。

「Grabbable Item」というコンポーネントを追加設定すると、アイテムを持てるように制作できます。

アバターの両手は動かすことができるので、アイテムを持ったら振り回すことくらいはできます。笑

 

「座れる」アイテムを製作するときは、「Ridable Item」というコンポーネントを使用。

ポイントは、座面位置の調整でしょうか。

上手いことやらないと、アバターがアイテムに埋まってる感じになってしまう。

「この位置にアバターが座りますよー」というポイントを、Unity 上で設定するんです。

チュートリアルを何度も見ながら、うん、いい感じに座れてるんじゃないでしょうか?

 

きっとたくさんのコンポーネントがあるんでしょうけど、全然わかりません💦

自分が思い描くアクションを実装できるコンポーネントを、少しずつでも覚えていければと思ってます。

 

アイテムは、ワールドに置いてますのでいつでもご覧ください。

あと、Clusterで弾き語りライブもやっていますので、お気軽にお越しください!

 

「KW LIVE HOUSE」

 

「KW ライブパーク」

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

seventeen + 5 =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)