【Blender&Unity】作れるようになるとハマってしまう!

【メタバース弾き語りLIVE】

12/4(日)KW LIVE HOUSE(Cluster ワールド)

開場16:45 開演17:00 観覧無料

※バーチャル空間での弾き語りライブです

 

Clusterワールド用のアイテム制作

訳がわからなかったUnity。

すっかり使い方を忘れているBlender。

「よし、Cluster用のオリジナルアイテム作ろう!」って思い立った初日、これらのソフトがあまりにも使い方がわからなくて。。。

大袈裟じゃなく、3時間くらいでソフトをアンインストールしました。笑

なんか、ムカついてw

 

でも、どうにも。

やっぱりアイテムを作りたくて。

 

バイトの休憩中に連日Unityやblenderの使い方を調べて、もう一度トライしました。

わからない。全然できない。

それでも少しずつ、焦らないでソフトを触っていました。

 

結果、

やってれば出来ますわ!

もちろん、使いこなすってレベルは相当大変でしょうけど、自分が思い描いてる程度のCluster用アイテムなら作れるようになってきてます!

ワールドに飾るための画像オブジェから始まり。

先日は「コンパクトエフェクター」「ギターアンプ」を作ってみました。

最初の作品は、寸法がデカすぎた💦

修正を重ねて、それらしいモデリングができるようになりました。

形状は、やろうと思えばもっと複雑に作り込めるんですけど、「Clusterのアイテム」として程よいシンプルさも必要。

あと、BlenderでモデリングしてUnityにインポートした時、形が崩壊しちゃうことがあって(自分がわかってないだけなんですが💧)。

時間かけたのにUnityに持ってきたらゴッチャに崩壊してるのが悲しすぎて。。。

 

シンプルで「それらしい」アイテムを作ろうって感じです。

 

あと、これがねぇ、ちょっと残念なんです。

 

マテリアル制限がなければ。。。

UnityでClusterにアップする前提でマテリアル(アイテムの色や質感、デザイン画像など)を割り当てる場合、2種類までしか使えないんです。

これが非常に残念💧

例えば、コンパクトエフェクターのアイテムを作る際、ボディの色は赤、ノブの色は青、フロントのデザインはオリジナル画像をテクスチャーとして貼り付けて。。。

…↑これがもう出来ないんです。

せめて5種類くらい使えたら、かなり制作の幅が広がるんですけどねぇ。。。

 

いろんなエフェクター作って、ワールドに展示したい w

 

とりあえず、作成したアイテムは自分のワールドに展示しています。

弾き語りライブにお越しくださった際とか、見ていただければ嬉しいです。

 

一応、クラフトアイテムとして公開販売もしています。

音楽機材のアイテムはあまりないので、面白いの作って登録してみるつもりです。

 

 

ああ、やりたいことがまた増えて。

曲を作りたいけど、3D制作も覚えたい。

Cluterでの弾き語りライブも定期的にやる。

ブログ書かなきゃ。

note…やべ、最近放置ぎみ。。。

AudiostockのBGM制作…

スタエフ配信…

 

フリーランスとして稼げるようになりたいのに、俺は何をしてるんだろうか? 笑

 

全ての情熱が、いつか繋ぎ合わさって「Kazumichiワークス」という働き方になる! はず。。。

 

「こうあるべき」に固執しちゃいけない。

メタバースで働く日が来るかもしれないじゃない?

そういう可能性だって、今のワクワクに純粋に向き合ってるから感じることで。

 

バイトだってしてるし、とりあえず食えてるからいいや。

やりたいことして 生きていくんだ!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

3 × one =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)