【Cluster弾き語り配信者必見!】サウンド設定のノイズ抑制はOFFにしよう

「ノイズ抑制」はOFFで!

メタバースプラットフォーム「Cluster」で、弾き語りをしたくて自作ワールドを作成。

SNSでフォロー・フォロワー関係の方に遊びにきてもらったりと、さっそく楽しんでいます。

そもそもメタバース弾き語り配信がしたくて始めたので、作成するワールドはもちろんライブができる空間。

 

バーチャル・ライブステージ「KW ライブパーク」。

 

バーチャル・ライウブハウス「KW LIVE HOUSE」。

 

Clusterご利用の特に音楽配信に興味がある方、ぜひお気軽にご利用ください!

 

先日、初めてメタバースでの弾き語りをしましたが、気になることが。

 

「ちゃんと綺麗な音で配信できているんだろうか?」

 

なんせ自分でサウンド確認できないので、音量や音質が判断できないんです。

僕の場合は、DTM用のマイクセッティングをしてプラグインでさらに音を整えて。

できる限り高音質でお届けしてるつもりです。

自分でモニタリングしてる音がそのままイベントに流れているのなら問題ないんですが、Cluster側のサウンド設定によって、不安定な音質になる場合があるんです。

(※のちほど、詳しくお話しします)



あ、ついでにClusterの運営様にリクエストしたい!

サウンド設定で、ワールドに流れている音量がどのくらいか判断できる「レベルメーター」を設置してもらえたら、きっと助かる方が多いように感じます!

それこそDAWの音量メーターみたいな。

 

見出しにある「ノイズ抑制はOFFで」とは、何か?

結論を言うと、サウンド設定にある「ノイズ抑制」をOFFにすると、自分が出している音が素直に配信されていると思います。

逆に「ON」にすると、ノイズゲート(一定の音量以下になるとミュートされる機能)がかかってるような、サウンドの急激な減衰があり、音量が安定しませんでした。

状況によっては効果があるかもしれませんが、マイクをセットして弾き語りなど演奏を配信する場合はOFFにすることをお勧めします。

 

昨日、ワールドで試しに歌ってくれた方のおかげで、僕自身がこの設定に気がつくことができました。

ずっと音がウネウネしてたので何故だろうと?試行錯誤して。

すでにご存知の方はいいとして、僕のようにClusterでの配信を始めたばかりの方には必見情報かと。

 

せっかくマイク環境をビシッとしても、肝心の配信で聞こえる音がしょぼかったらガックシですもんね💧

集ってみた

配信のサウンド設定で疑問が解消されてスッキリした後。

SNSのフォロワーさんがワールドに遊びにきてくれました。

やっぱりメタバースならではのコミュニケーションは、その独特さがありますね。

実際に会ってるわけじゃないんですけど、アバターでワールドに集ってることで「会ってる感覚」が少なからずあるんです。

SNSとはいえ、距離が近い感じがします。

 

弾き語り配信も、配信側とお客さん側の距離が近い気がする。

なんだろ、コメントはもちろんですが、アバターとはいえリアルタイムで反応(モーション)してくれると、目の前にお客さんがいるような。。。

メタバースって、思った以上にコミュニケーションとして距離の近さがあるのかもしれませんね。

 

あと、なにげに便利だと再認識したのが「スクリーン」ね。

なんと!動画ファイルを直接映し出せるんですよ!(ファイル形式や容量制限はありますが)

これって、結構すごくない?

 

動画ファイルをネット上にアップするのって、YouTubeにあげたものを埋め込んだり、URLを貼り付けたりっていうのが普通のやり方だと思ってます。

でもClusterワールドのスクリーンには、そのまま動画ファイルも流せちゃう。

昨日も試しに自分のプライベート動画を上映しちゃいましたよ 笑

 

これってかなり、面白いかもと。

仲間で集って、それこそ「ここだけで共有する動画」を見て楽しんだりできる。

例えばですけど、結婚式の動画とか、友達との旅行の動画とか、ワールドに集まってみんなで見れるわけです。

 

そういうことが出来る、ということはよ?

完全非公開の作品とか動画とかを、イベントで有料限定公開するなんてこともできるわけですよね!

可能性は広がる!

 

僕がやりたいのは「オリジナル曲を弾き語りで聴いてもらう」こと。

リアルのライブハウスで歌うのがもちろんいいんですけど、「集客」という現実問題がある。

 

メタバースでライブ?

オタクか?

そんなのライブじゃねぇ?

 

いやいや、そう馬鹿にできたもんじゃないですよ、メタバースライブ。

MCネタにスクリーンを活用したり、DAWからの出力設定で「ひとりバンド配信」だってお手のもの。

 

世界中どこからだって、イベントを開催するワールドに入れる。

 

遠くて行けない?

電車賃が?

人見知りだし?

ひとりで行きづらい?

 

そんな心配はいらないのがメタバースライブ。

 

あとは配信者のうでの見せ所!

自分もライブ活動していたのでディスるつもりはありませんが、お客さんのいないライブハウスでいくら頑張ってパフォーマンスしても、正直むなしい。。。

チケットノルマという縛りで、ライブハウスのカモにされてる感じもある。

 

メタバースライブしたら、たくさんの知らない人が聴いてくれました。

オリジナル曲を披露するにあたって、これはとても嬉しいこと!

 

リアルもメタバースも、良し悪し。

僕にとって肝心なのは「自分の歌を聴いてもらうこと」。

さまざまな活動方法でKazumichiワークスを知ってもらい、マネタイズできるように育て上げること。

 

Kazumichiワークス&メタバース。

だんだん融合してきましたよ!

 

弾き語りイベントも定期的にやるので、よろしくお願いします!

詳しくはこちら!

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

17 − four =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)