【メタバース弾き語り】ちょっくら仮想空間(Cluster)で弾き語りしてみます

メタバースで弾き語りしてみます

先日、「Cluster(メタバースプラットフォーム)」でKWライブパークというワールドを作成しました。

いわゆるメタバース、仮想空間です。

 

ここで弾き語りを配信してみようと思います。

日時:11/12(土) 13:00〜 30分程度

場所:KWライブパーク

 

DTMをするときと同じマイク環境で配信予定ですので、音質はしっかりしてるはずです。

というのも、クラスター側で音質や音量(遠近感など)を調整されちゃったら、音質が変わってしまうかもしれませんから。

でも、細かいことは気にしなくてもいいかなってね。

 

自分でやろうとしていながらこう言うのも変ですが、

聴いてる方はどんな印象なんだろうか?

「楽しいと思ってもらいたい!」なんて贅沢は言いません w

Youtubeやインスタなどのライブ配信とは違う、メタバースでの配信。

その意義はどこにあるのか?

 

普通のライブ配信の方が顔出しで歌ってるわけですし、歌い手としての表現としてはそっちのほうがストレート。

でも、部屋の片隅から生活感も交えて歌う姿は、やっぱりライブというには滑稽な気がする。。。

あえてリアルを見せないことで、「配信」の世界観を強められるんじゃないだろうか?

それこそが仮想空間で歌う、ひとつの理由になるんじゃないかと考えてます。

 

音楽ライブ配信をされてる方の動画をいくつか見てみました。

それこそアバターが踊りながら歌ってる姿に歌声が重なって。

すごいなぁ、カメラワークとかもあったりして、こんな風にできるのか!と。

 

僕の場合は、そこまでこだわったことをするつもりはありません。

KWライブパークでロボットアバターがマイクの前にいるだけです。

音声が、ガチの弾き語りと生トークっていうだけ。

 

イヤホンをつければスマホなら普通に会話ができるはず。

(PCはどうなのかな?)

なので、トークに対するレスポンスも会話としてできるってことです。

もちろん普通にコメントでの反応もできます。

 

拍手も可能。

歌い終わったら感想を聞けたり。

批判は聞きたくないですけど💦

 

そういう、バーチャル空間に「集う」ことでの、SNSライブ配信とは違う感覚があるんじゃないかって思ってます。

あ、まだ自分自身そういうコミュニケーションとったことないので、「知らんけど」と付け加えておきます 笑

ただ何となく 聴いてくれればと

ただね、僕が聴きに行く立場だったら、こっそりと聴いていたい。。。

なんか、恥ずかしいじゃん? w

オンラインコミュケーションとか全然しないし。

 

ですから聴きに来てくれた方は、何となく聴いてくれれば嬉しいです。

反応もしなくていいですし、挨拶とかもいりません。

僕のほうから話しかけることもしないので、ご安心を。

(話しかけられたら、僕の方が緊張しちゃう w)

 

昔っから言ってますが、ミュージシャン目指してたくせにシャイなもんで💦

 

30分くらい?

ライブハウスで歌う感覚でセットリスト組んで、MCを交えながら、いっちょやってみようかなと。

 

YouTubeでも観れるように設定できるんだっけか?

これから調べるので、よく分かってません。

まあとりあえず、やってみます!

スタエフで話してるようなこととか、自分の音源の宣伝とか、そういうのにも活用できるかもしれないし。

 

もっといえば、歌うのは僕だけじゃなくても良いわけで!

演奏を配信できる状態でワールドに入ってるなら、マイクの前に来てもらって歌ってもらうことも可能ですからね。

あれ、これって「メタバース・ブッキングライブ」じゃん!

 

試していくうちに、楽しいメタバースの活用ができるようになれば、可能性が広がりそう。

ライブの準備、はじめます。(久しぶりだ!)

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

20 − one =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)