【バーチャル空間】Clusterワールド「KWライブパーク」 

メタバースプラットフォーム「Cluster」

スマートフォンやPCからバーチャル空間に集うことができる「Cluster(クラスター)」。

すでにこういった空間で楽しんでらっしゃる方もたくさんいることでしょう。

僕も以前、ちょこっとだけスマホで触ってみたことがありました。

そのときは、いまいち楽しみ方が分からず。。。

 

ふと思い立って、再度「バーチャル空間」の活用を試みるべく、Clusterを使い始めました。

そして今回は自分で「ワールド」と呼ばれるバーチャル空間を作成。

 

昔から思い描いている「仮想空間での音楽活動」。

まあ、活動っていうほど堅苦しくなくてもいいんですが、バーチャル世界のライブハウスを作りたいなぁって思ってて。

ライブ配信とも違う、Youtubeとも違う。

 

バーチャルな空間に「行く」感覚。

Clusterのロビー(バーチャルエントランスホール?みたいな感じ)に行くと、知らない人たちがアバターとしてそこに「いる」。

ゲームとかオンラインコミニケーションに慣れていない僕は、ちょっと緊張しちゃいます💦

そういう感覚が、SNSやYouTubuライブなど「匿名感」とは少し違う気がします。

 

バーチャルの空間とはいえ、知らない人と対面する感じがある。

ライブハウスに行ったら、知らない人と会う感覚と一緒です。

ただリアルで対面するのとは違い、関わらないこともできるのが、ひとつの良さだとも思います。

 

Clusterを利用するのは簡単です。

(※ただし、スマホやPCの性能により使用感に差があるかもしれません)

 

・アプリをダウンロード&登録ログイン

アバターを選んで最初の空間に行きます。

特にこだわりがなければ、4種類のアバターから選択。

最初の空間。

右側に「Clusterロビー」への入り口があります。

そこに突っ込むと、ロビーにワープ。

ロビーには知らない人がたくさんいます。

バーチャル「街の中」みたいなもんです。

 

僕も楽しみ方は全然分かってませんが、クラスターフレンドを増やしたり?

クラスターを利用してる友達がいるなら、バーチャルで会って話したり?

 

僕の場合はフレンドを作らないという、ひとり好きのさがが出てしまいますが。

人それぞれでいいんじゃないでしょうか。

 



 

バーチャル空間「KWライブパーク」

とりあえずClusterの利用ができる状態であれば、さまざまな「ワールド」と呼ばれるバーチャル空間に入れます。

もちろんKazumichiワークス制作の「KWライブパーク」にも。

 

オタク気質が疼いて「もっとリアルな空間を作りたい!」と思い、「Unity」や「Blender」を触ってみました。

Clusterの簡易ツールでは、いろんな画像を設置するのは無理っぽくて。

例えばブログHP宣伝のポスターとか、自分の音楽作品のアートワークを飾ったりとか、イラストを展示したりとか。

 

作ったワールドを公開すると、他の人もそのワールドを利用できるため、個人的な情報とかは設置しずらくなってるのかな?

(Unityなど他のツールを使えば作れるみたいですが)

 

結論、僕には無理だぁ。。。💦

 

正確にいうと、片手間でチャチャっと出来るようになりたいという感じでは無理。。。

勉強しながら覚えていけば、使えるようにはなるでしょう。

でも、とにかく時間がかかる。

僕はそんなに賢い方じゃないですし💧

事実、この二日間、全然ギター触ってない。。。

 

あと、具合が悪くなった。

わからないことでのストレスで、胃に異変が。

身体が拒否してる w

 

なので、Clusterで手軽に出来る範囲でワールドを制作しました。

こじんまりとした、ライブステージ。

小規模のライブハウスのイメージと、公園のような空間が合わさったイベントスペース。

電気とか、配線とか、天気とか、現実的なことを一切無視できる空間作りはバーチャル世界の醍醐味ですね。

 

さて、この空間で何ができるのか。

まずは弾き語りの配信ができるのか?って話ですよ。

チラッとライブ配信?というか、ワールド内で弾き語りを配信してみました。

音声がオーディオインターフェイスを通したマイクを認識してるので、一応音は流れてるはず。。。

自分で確認できないので、音量や音質はどんな感じかわからないんですけどね。

 

それができるなら、至ってシンプル、この空間でアバター越しに弾き語りをするだけ。

ただ思うのは、やはりリアルな人間のライブではない。

あくまでも歌声、演奏、あとはトークをお届けするにすぎない。

 

「素晴らしいライブだ!」っていうのを求めるのはナンセンスかもしれません。

僕も、自分の「歌」をいろんな人に聞いてもらえればいいやって感じで配信できたらと考えてます。

 

しかし、何かを教えたり、発表したり、スピーチだったり。

それこそ、人と人が「会話(チャットでも)」する場所としては、面白そうです。

 

自分自身、うまく活用できるかわかりませんが、色々やってみます。

Clusterを利用されてる方や興味がある方は、弾き語りなどをする際には覗きに来てもらえると嬉しいです。

無理にコミュニケーションを取る必要はありませんから、ご安心を。

逆にちょこっとでもお知り合いになれたりしたら、それはそれでワクワクドキドキ。

 

自分なりのメタバース活用って感じで、気ままにできたらと思ってます。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

5 × two =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)