【オリジナル曲の制作】お金がかかるの?

オリジナル曲の制作にかかる費用

「自分のオリジナル曲」を作りたい。

誰かに依頼して、オリジナル曲を作ってもらうとなると費用はどのくらい?

 

楽曲制作をしているクリエイターに頼めば、普通に数万から数十万見積もりをされるのでは?

逆にKazumichiワークスのように、全部自分でやるなら0円です。

(※自分の機材など、そういったコストは別ですが)

 

曲を作ってもらうのって高いですよね。

 

ハッキリ言って、クラウドワークスとかで提示されてる依頼金額って安すぎて話にならないと感じます💧

僕ですらそう思うんですから、楽曲制作を専門でやっているフリーのクリエイターやプロとして依頼を受けて仕事している方はもっと安いと感じることでしょう。

 

音楽を作るのって、結構大変なんです。

曲を考える。歌詞を考える。楽器を録音する。MIX編集する。

自分の曲を勝手に作るのでさえ、ゼロからだと何日かかるか。。。

曲の原型(僕の場合は弾き語りでの完成形)が1日でできたとしても、録音&MIXで2日かけるとして、最速でも僕なら3日以上かかります。

1日10時間作業するとして、単純に30時間。

時給1000円としても30,000円になる。

だからもし、僕が自分に依頼されるとしたら最低でも30,000以上の価格です。

 

そもそも労働者根性で時給1000円っていうのがナンセンス💧

制作時間に加えて、アイデアや演奏、ミックス作業然り、「感性」が占める領域がたくさんある。

「1曲50,000円」って価格設定でも、かなり良心的な方かもしれません。

 

さあこれが、誰かに完全に依頼するとなると?

ましてやクリエイターのレベルによっては、スタジオ代やミュージシャンを使った場合のギャラなども発生することを考えると。

ゆうに100,000円以上の価格でも不思議じゃないわけです。

 

アマチュアで音楽活動をしている方が、自分の歌を作ってもらいたいとプロに依頼するのは、さほど多くないと思います。

それでも活動スタンスは様々だと思いますので、プロにお願いすることもあるでしょう。

 

でも「プロに依頼」とは言っても、ココナラとかランサーズとかクラウドワークスとか、いたるところに「プロクオリティの楽曲制作」をうたっているクリエイターがたくさんいる。

 

自分がプロと名乗れば「プロ」でしょう。

個人的に、それは素晴らしい心意気だと思います。

ましてや音楽制作って、性能云々とかいうモノ作りじゃない。

マニュアルに沿って整える制作活動でもない。

 

プロのクオリティって言ったって、何をもってして?

機材?

DAWの編集技術?

自分の楽曲が欲しい方って、音楽活動をするためだったり、もっと言えばセールスで収益をあげたいと願っていると思うんです。

そうじゃなきゃ、お金出してまで他人に作ってもらいますか?

 

あ、ちなみに企業からの依頼とか、動画用のBGMとか、そういうのは今回の話に含んでいません。

あくまでも「オリジナルの歌モノ楽曲」って話。

 

僕自身は、作詞・作曲、楽器演奏、DTM、アートワーク制作まで、全部自分でやります。

それが自分のスタイルでもありますし、全部やりたいので。

誰かに頼んで演奏してもらったら、もっと上手なギターが録れるでしょう。

MIXも凄腕の人がやれば、もっとうまい仕上がりでしょう。

アートワークも写真家やイラストレーターに頼めば、もっと個性が出るかも。

 

しかしそんな作品は「Kazumichiワークス」の作品じゃない。

そう思うから、僕は全部ひとりでやる。。。

 

あと、核心的に思うところがありまして。。。

 

DTMを手軽に始めたいなら!

DTMを手軽にはじめたいなら!

 

制作を依頼した作品が売れるわけじゃない

究極的には、↓これです。

作ってもらったからって、売れるわけじゃないですよ?って話。

 

ゴリゴリのプロアーティストがたくさんいる。

ライブをして大きな会場を満員にするアーティストが。

そんな人たちの作品でさえ、セールスとしては厳しいと言われる時代。

 

サブスクなど、音楽としての聴かれ方が変わった現在。

デジタルファイルとして、ネット上で簡単に聴けるし購入ができる。

音楽を配信(または販売)するアーティストもプロ・アマの垣根がなくなっている。

 

「Kazumichiワークス」だってそう。

無名のフリーランス・シンガーソングライター。

自分で制作して販売しています。

僕の作品のクオリティーは置いといて💦

 

つまり、どんなにハイクオリティな音源だからって聴かれるとは限らない。

逆に面白い楽曲なら、宅録で作られた作品が大ヒットする場合もある。

 

そう考えると。

お金を出して音楽を作ってもらうのは、個人的には「割に合わないなぁ💧」って思うんです。

 



 

自分で作ることの楽しさと喜び

どうせ「クオリティー云々じゃない」なら。

自分でオリジナル曲を作る方が面白いのに!って思います。

 

「それが出来ないから頼むんじゃん!」

そうかもしれませんが、DTMって面白いですよ。

 

DAWの使い方だって、基本的なことを覚えたら録音やMIX(クオリティは別の話ね)も別に難しい操作じゃないですから。

むしろ、「感性・感覚」というのが大切だと、DTMをやってみるとわかります。

 

作詞・作曲はもちろん、音の好みだったり、MIXバランスなんて人によってバラバラだと思うし。

「こういう感じ!」とか「こういう音にしたい!」とか、イメージをいかに音楽として表すか。

 

慣れもあるでしょうけど、感性は「自分で制作する情熱」によって磨かれる気がするんです。

というわけで、個人的に「オリジナル曲は自分で作りましょう派」です。

オリジナル曲を作るのにお金はかかるのか?

はい、いろんな形でかかると思います。

・人に頼んでも(依頼費用)

・自分で作るとしても(機材費用)

 

ですが、制作環境や発表の場など、制作〜発表までを個人でやるのが手軽になったのは、現在の素晴らしいところ!

僕のイメージしてる理想の音楽業界は、もはや個人レベルのアーティスト活動というか。

「プロミュージシャンとしてデビューを目指す!」とか「オーディション受かって事務所に入りたい」とか、そんなものは昔の話!って時代になってほしい。

もう、そうなりつつあるのかもしれませんが、まだまだ本当の意味(=お金を稼げる)で音楽活動と呼べる基盤はないような気がしてます。

一部の才能がYouTubeなどから注目されれるって程度で。

実力社会ですから、それも当たり前のシビアな現実かもしれませんが。

 

僕もはやく、「今回のアルバムの収益は…」なんつって、アーティストみたいなこと言ってみたいもんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

6 + 8 =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)