音が変わるの?アコギのブリッジピンを変えてみよう!

ブリッジピンでも音が変わる

アコースティックギターは、エレキギターに比べてカスタムするようなパーツは少ないですよね。

だからこそ、ちょっとしたパーツの違いで音が変化することも。

エレキのピックアップ交換やトーン・ボリューム調整による「明らかな音の変化」というよりは、アコギの場合は「音の質感」が変わるような気がします。

 

その変化を感じるパーツが、ブリッジピンじゃないでしょうか。

このブリッジピンの材質によっても、アコギの音質が微妙に変化します。

 

楽器屋でもオンライン購入でも、よく目にする「PICK BOY」のブリッジピン。

エボニー

 

価格もお手頃なので、交換して音の違いを試してみるのも面白いですよ。

 

ちゃんと調べたわけではないので全てとは言えませんが、大概のアコギにはデフォルトではプラスティックのブリッジピンがついている気がします。

クセがないというか、なんとなく「弦の音をそのまま伝えまっせ」といったイメージです。

 

プラスティックだから悪いとか、そういう話ではありません。

アコギのサウンドは、ボディやネック素材、フレットバーの形状、もちろん弦の太さなど、全体的な組み合わせによります。

ブリッジピンだけの話ではないので、「そのギターの音が好き」なら、現状のブリッジピンでもなんら問題ないわけです。

 

しかし。

アコギに親しむほどに、「自分好みの音」に対する探求が始まります 笑

そうなってくると、ブリッジピンによる音の違いにもきっと興味が出てくることでしょう。

 

ご紹介した「PICK BOY」の他にも、いろいろブリッジピンが販売されています。

数千円するような物もあったり。気になる。。。

 

僕も、5〜6種類のブリッジピンを試しました。

個人的には「音の硬さ(柔らかさ)に違いが出る」といった感想です。

【エボニー】

エボニー

個人的に一番好きなのは、この「エボニー」のブリッジピンです。

(ちなみに、ブリッジピンの名称の違いは主に「材質名」です)

 

エボニーは、一番柔らかい音のような気がします。

「木の感じ」がするというか。

 

自分のギターは小ぶりで、どちらかというと「クッキリした音」の傾向があり。

低音があまり強くないのも関係してるんでしょうけど、諸々の組み合わせが悪いと「キンキンする」ようなトゲのあるサウンドになってしまうと感じていて。

だから、エボニーのピンによる「柔らかさ」が一番バランスが良い。

 

これも、いろいろ試した結果。

「結局エボニーだな」ってなったんです。

 

ギターによってどんなブリッジピンが合うか(好きな音になるか)は、ご自身で試してみるしかありませんし、それが楽しいです!

 

参考までに、自分が試した際の感想を。

【ローズウッド】

エボニーの次に好きな材質です。

エボニーより若干硬めになる印象です。

僕はエボニーかローズウッドを季節によって変える場合があります。

 

夏はローズウッドにすることも。

暑い時期は音がモワァとしてる感じがするので、ローズウッドピンで少し引き締める感覚です。

 

冬はエボニー。

空気の乾燥もあってか、冬場は鳴りがいい(気がする)。

逆を言えば、自分のギターは「カリンカリンなサウンド傾向」になるので、エボニーで柔らかくする感覚です。

 

【BORN】

牛骨という素材なので、イメージからして「硬そう!」ですよね。

これも試しましたが、中高域が目立つ感じでした。

華やかさ、元気のいい音になる感じでしょうか。

大きなボディのアコギで低音が強く、「もう少しジャキッとクリアなハリが欲しい!」なんて場合は良いかもしれません。

自分のギターでは、音が硬くなりすぎました。

好みの音からすると、ギラギラしすぎかなと。

 

【ブラス】

 

気になるので試してみましたが、予想通り?ギンギラサウンドに。

僕のギターはもともと中高音よりなので、あまり相性が良くありませんでした。

しかし、ギターによっては「サウンドのバランス」や「サスティーンが伸びる」など、良いサウンド傾向になるでしょう。

ブリッジピンは簡単に取り替えられるので、遊び心で試してみるのも良いのでは?

 

【プラスティック】

プラスティック製も売っていますが、あえて買うことは少ないかもしれませんね。

でも「プラスティックのブリッジピンが一番しっくりくるわぁ〜」なんてことも、当然あります。 

「プラスティック製だからこそ丁度良い音になってる」なら、それがベストですもんね。

 

ギターとの相性や季節によって

材質でいうと他にもあります。

他の材質も、興味がある方はぜひ。

 

アコギはトップ材やサイド・バック材、指板、それこそ形状による違いでも、音が違います。

なので、自分のギターにベストなブリッジピンを探す感覚でとっかえひっかえするのが楽しいと思いますよ。

 

あと、季節による音の変化も関係してきます。

特にDTMなど録音される方なんかは、「季節&ブリッジピンの組み合わせ」で音の違いを感じるのでは。

 

弦交換のタイミングや、ライブで歌う時など。

「もう少しこんなサウンドにしたい!」という時、ブリッジピンを変えてみるのもひとつの手ですよ!

サウンドハウス

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

12 − two =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)