【おすすめアコギ弦】華のあるジョンピアーズ弦!

JOHN PEARSEのアコギ弦

アコースティックギターの弦、お気に入りは何ですか?

マーティン、ダダリオ、エリクサーなど、定番のアコギ弦にも特徴があります。

 

全てとは言いませんが、かなり多くの種類のアコギ弦を試してきました。

そんな中で、個人的に好きな弦がいくつかあります。

その中のひとつを今日はご紹介。

 

JOHN PEARSE(ジョンピアーズ)というブランドの弦です。

パッケージが独特なので、見覚えがある方もいらっしゃるのでは?

特に僕が好きなのは「フォスファーブロンズ」です。

 

ちなみに、ブロンズ弦もあります。

 

一時期「カントリー」に影響を受けた時期がありまして。

カントリーフォークやカントリーロック、もちろんカントリーブルースにも。

全然弾ける気がしないので練習する気もしませんでしたが、ブルーグラスとかね。

 

カントリーロックとカントリーブルースは、自分の歌にも取り入れたいと思っていろいろ聴きました。

正確なジャンル分けではどういう位置なのかわかりませんが、グラム・パーソンズミシシッピ・ジョン・ハートとか。

アラン・ジャクソンのサウンドはまさにカントリーロックみたいな印象です。

 

僕の中で、アコギプレイでのカントリーっぽさのひとつは「低音弦の使い方」だと思ってまして。

なんと説明すれば良いんでしょう?

コードストロークに入る前の助走?的なベースラインだったり、ハンマリングオンやプリングオフでのアクセントとか。

 

そういったことを何となく意識して、自分のギターも「粒立ちの良い単音」を求めていたんです。

よく張っていた弦は「ダダリオ」だったんですが、良くも悪くも「ベストオブ普通」というか。

安定感があって良いんですけど、突出したものがない。

 

パッケージからして「カントリーっぽい」気になる弦。。。

初めてジョンピアーズの弦を張ったときに感じたのは。

 

サウンドハウス

 

ジョンピアーズ弦の感想

ド派手! 笑

華があるというか、張りたてはジャリンジャリン!と煌びやかです。

分かりづらい例えかもしれませんが、EQでいうところの中高域を持ち上げたみたいなw

個人的には嫌いではないんですが、ギターとの相性や、人によっては「うるさく感じる」かもしれません。

ただ、音の好みなんて人それぞれなので、良い悪いはないんでしょうけどね。

 

自分のギターに張ると、粒立ちはブライトになるんですが、ちょっと主張が強いかな?って感じです。

00サイズの小ぶりなギターなので、ギラツキが目立つというか。

フィンガーノイズもキュッキュ!と大きい。

(これは自分のテクニックの問題か?💧)

張りたてよりは、少し時間が経って響きが落ち着いてきた頃が好きかも。

 

アコギは、夏と冬で音が少し違うんですよね。

夏は暑さとか湿気で「少し音が丸い感じ」がする。

冬は冷たい空気と乾燥で「ハリがあってよく鳴る」気がする。

 

だから、夏に張るのは結構おすすめかも。

良い感じにバリっとする気がして。

冬は、キンキンしすぎちゃうから。。。

 

品のある落ち着いたトーンらしいんですが、う〜ん。

品があるのは良いとして、どっちかっていうと「パンチがある音」のような気が。

 

上品さだったら「マーティン」や「エリクサー」かな?って思います。

 

そんな感じですかね。

良さが際立っている部分が、逆に悪く感じる時もある。

要は「個性が強い弦」かもしれませんね。

僕は、たまに気分で張りますよ、ジョンピアーズ。

エネルギッシュな気分の時ですかね? 笑

弾き語りギターを際立たせたい時とか、アコギが主役の音源を作りたい時とか。

定番のマーティンやダダリオより「一歩前に出る」ような派手さというか、煌びやかさ。

 

ギターによってきっとサウンドの印象は変わります。

もし、「なんかイマイチ華やかさがないんだよなぁ〜」って思っているなら。

ジョンピアーズ弦を試してみるのも良いかもしれませんよ。

 

PIXTA  Kazumichiワークス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

3 × 5 =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)