それは無意味な執着かももしれない

変化しながら探していく

梅雨に入って。

今年は「梅雨らしい」梅雨というか、しっかり雨の日が続きますね。

雨も、ありがたい自然の恵みとはいえ、続くとうっとおしい💧

バイクも乗る時間が少なくなるし。

特に自分は初心者だから、なるべく雨の日は乗りたくないですから。

今日は、午前中にパパッとスーパー銭湯行ってこよう。

前回の記事だったか、「自分がやりたいことはなんなのか?」という自問自答記事を書きました。

Kazumichiワークスという、社会における「プライベートとは違う自分自身」。

フリーランス、個人事業主として、自分の能力を活かした働き方を望んでいるわけです。

 

しかし今、少々迷走中。。。

 

何を目指してるんだろう?

そんな心情です。

そこが、スコン!と抜けてしまってるような。

いく場所が決まってないのに走ってたら、そりゃ「どこにいくの?」ですわな💧

そこを今一度、闘志の如く燃え上がらせなきゃ。

Kazumichiワークス イラストAC

「いつかどうにかなる」は妄想みたいなもの

音楽制作や写真撮影の依頼を受けて、フリーとしてお仕事をして報酬を得る。

どんなに自分にやる気があっても、仕事が取れなきゃただの無職💧

僕も20代の若者じゃない。

現実という面も見ているつもりです。

無名のどこの誰だかわからない、実績も実務経験もないクリエイターやカメラマンに仕事を頼む?

そりゃあ、仕事が取れなくて当然だ。。。

 

どんな世界にも、「一般的な」ルートや、その仕事の取り方みたいなものがあると思います。

例えば、プログラマーならしばらく勤めて技術と流れを学び、その後独立して馴染みの顧客からお仕事をいただく、みたいな?

僕はロックな(?)脱サラ組なので、そんなレールはクソくらえだぜ!…とは思ってませんが、ゼロスタートのフリーランスです。

音楽制作も写真撮影も、独学。

繋がりも顧客もなし。

 

「そのうち問い合わせが来て、仕事が軌道に乗るだろう!」

それは、ほぼ幻想ですな💦

20代の頃、「いつか必ず売れてプロとして活躍できるさ!」と信じていた、役者志望時代・ミュージシャン志望時代。

ただ、芸能の世界とは違うと思ってまして。

 

フリーで働くっていうのは、「プロセスや糸口」「必要なスキル」があれば、お仕事はできると思うんです。

あとは、繋がりやご縁に恵まれているならなお良いんでしょうけど。

 

でも、どうにかなる!じゃどうにもならない。。。

どうにかすることで、自分の働き方を見つけるしかないんですよねぇ。

 

で、ですよ。

自分がどうなりたいのかを、再確認すると。

 

50歳までには、自分の制作や依頼された制作で、場所を問わずにサラリーマンと同じくらいの生活ができるようになる!

まあ、これが自分の目標ですな。

音楽制作や写真撮影、ブログなど文章もそうですし、イラストや何かしらの配信(スタエフなど)も、全て自分の制作に含まれています。

現状ありがたいことに、少しづつ制作での報酬が伸びてきています。

ブログもしかり。

ただ、生活できるレベルかといえば、ほど遠い💦

 

だから、どうにか生計を立てながらKazumichiワークスを育てる。

今できるのは、このやり方でしょうか。

 

音楽作って、バイクに乗って。

どこでも働ける術を身につける。

 

シンプルに、今はその方向へ向かいたい。

友だち追加

思い通りにならないのも予定のうち

独立して、トントン拍子にいくわけがないことはわかっています。

だから、写真撮影の仕事もしながら音楽制作などをしていますし、フリーとしての依頼も受け付ける体制です。

 

半分アルバイトで、半分フリーで仕事をする。

単純にいうと、そういう予定でここ半年過ごしました。

 

思い通りになんていかないっすわ💦

 

大丈夫!

こんなのミュージシャンを目指してた頃から嫌ってほど味わってるから 笑

だから、どんどん変化していこうじゃないか。

お金がきつけりゃ、バイトすればいい。

考えてみりゃ、何も落ちぶれちゃいないし、おかしなことじゃない。

プロのミュージシャンや役者、芸人だって、バイトしながら活動されてる方が山ほどいるわけだから。

 

そう考えたら、無名のフリーランスが自分の仕事だけで食っていける方がおかしいよね 笑

 

新たな日々の在り方を組立中。

またボチボチ、オリジナルソングの制作と販売も再開したいところ。

 

Kazumichiワークス オリジナルソングはこちら

 

落ちぶれちゃいない。

落ち込むことはない。

だって そんな高い場所にいないから。

ずっとずっと 登ってる途中。

だから 苦しいのが当たり前さ。

 

↑こういうのを仕事中に思いついたりする。

僕の歌詞のアイデアとなるんです。

必ずちょっぴりブルースなんですよねぇ。。。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

one × five =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)