なんでもそう!メンテの基本は清掃から

バイクの簡易洗車

雨天じゃない限り、仕事がない日はなるべくバイクに触る(乗る)時間を作りたい。

運転に慣れるためでもあります。

運転がてら出かけるのもいいんですが、音楽制作やブログ、そのほか自分の制作作業もやらなければいけないので、バイクばかりというわけにもいかない。

ちょこまかと、愛車との日々を育んでおります。。。

 

自宅から20分弱の距離に、2りんかんというバイク用品店がありまして。

土曜日の昼間。

市街付近の道は混んでますなぁ〜💦

渋滞、こりゃイヤでも半クラの練習になりますわ 笑

 

渋滞&踏切とくりゃあ、半クラでちょろり、半クラでちょろり。。。

他のバイクがすり抜けてゆく。

みなさん慣れてるんですな💦

賛否はどうであれ、僕はすり抜けしません。

だって怖いじゃん w

 

2りんかんに到着。

この日のお目当ては、洗車用品です。

洗車場で本格的に洗うのはもうちょっと汚れてからでいいとして、たまに拭き掃除できるようなウエスと簡易洗車液を購入。

狭い駐輪場、堂々と洗車できるような場所じゃないので、ササッとできる感じがいいんです。

じっくり眺めながら思ったこと

自宅に帰ってきて、バイクを駐輪場手前に置いて。

さて、ちょっと水拭き&簡易コーティング洗車してみようかなと。

水拭きと乾拭きで、全体的に拭き上げ。

その後に、ワックス配合の簡易洗車液で仕上げました。

改めて、自分のバイク(愛称:ギンちゃん)をじっくりと眺めながら拭いてました。

2009年製の250TR。

そりゃよく見りゃサビもところどころありますよ。

でも、やっぱり前オーナーさんの愛を感じるというか、全体的には綺麗な車両です。

ダストシール(フロントフォーク部分のゴムカバー)がヒビ割れている。

オイル漏れしていない限り、不良という扱いではないみたいで。

一応、購入したバイク屋に確認したんですが、保証期間内にオイル漏れがあったら整備対応しますよとのこと。

本音を言えば、納車整備で交換してほしかったですが💧

しかし、中古車両で消耗部品、オイル漏れなど不良があるわけでもないですからねぇ。。。

 

自分でバイクをバラして交換できればいいですが、さすがにそこまで慣れてませんからね。

覚えれば自分で出来るようですが、作業場所もなければ道具類もないですから。

ゴムパーツを変えるだけなんですが、バラさなきゃいけない分手間がかかるようで。

それなりに工賃がかかってしまうんですよね。

 

変な言い方ですが、保証期間内にうまいことオイル漏れしてくれたら、新品交換してもらえるってか? w

まあでも、大切に扱われてきたギンちゃんでしょうから、セコイ考えはやめます。

 

で、ワックス配合の洗浄液で拭き上げて、タンクをはじめピカピカに!

良い感じだなぁ。。。

そして、思ったことがあります。

 

僕が250TRを選んだ理由のひとつに「カスタムのベース車両として人気」という部分があるんです。

そう、カスタムに興味がありまして。

タイヤを変えたり、フェンダーやタンクの色を変えたり。

それこそ予算があるなら「ボバースタイル」や「スクランブラースタイル」など、自分好みの外観にしたい願望があります。

 

でも、洗車しながらじっくり250TRを眺めてると、

「このままノーマルを貫くのも悪くないかもなぁ」

ノーマル状態のバイクは、製造者が考え抜いて仕上げた形態なわけで。

すなわち、素人の僕が何となくのイメージでカスタムするより、よっぽどバランス良くカッコいいはずなんです。

この250TRが、ずっとノーマルで乗られていたのは、きっと前オーナーにも「ノーマルがカッコいい」と思わせる魅力を放っていたのかもしれませんね。

 

もちろん気が変わるのはあり得ますが、「逆にノーマルを維持する」方向でギンちゃんと付き合おうかと思っちゃいました。

カスタムにお金をかけるんじゃなくて。

もっと内部の構造、先ほど話したダストシールじゃないですけど、各所パーツをしっかり整備してあげるという付き合い方。

 

なんか、大人のバイクライフじゃない? 笑

せっかく出会えたバイクですから、内面と付き合う感じ?

そんな女性には出会えない、独身社会不適合者の悲しさよ。。。

友だち追加

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

fourteen + 5 =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)