モバイルバッテリーの安心感

モバイルバッテリーに感動するおじさん

写真撮影の業務を始めるまでは、モバイルバッテリーなんて使う必要がありませんでした。

仕事中はスマホを見ちゃいけない職種ばっかりでしたし。

お昼休憩などに、なんとなく触る程度で。

 

仕事が違えば、色々違う。

オンラインでのやりとりが多い仕事となると、なおさらスマホは凄いツールだと実感しますね。

専用アプリ、マップ、ナビ、LINE、検索、もちろんTEL、移動中のAudiobookや音楽、電子マネー、スイカ、写真(報告用)、これら全部スマホが担ってるんだから凄いもんです。。。

一日中、マップやアプリを使っていれば、そりゃバッテリーは保ちません。

僕の機種は、Yモバで機種変したもの。

多分ちょっとバッテリーが最初から劣化してた?のか、ただでさえちょっと保ちが悪い。

14:00まわったあたりで、もうバッテリーが20%切っちゃうかなぁーって感じ。

モバイルバッテリーを繋いで、チャージしながらスマホ使用。

そのうちどんどん充電されていくので、気がつけば満タン近くまで復活しています。

当たり前のこと言ってますね 笑。

でも、今までモバイルバッテリーとは無縁だったので、「外出先で充電が復活する感覚」が地味に感動するんです。

 

考えてみたら凄いことですよ。

こういったツールが当たり前の若い世代の方にとっては普通かもしれませんが。

子供の頃の電話が黒電話だった僕にとっては、フと改まって思うと「未来だなぁw」って感じるわけです。

 

家の電話のコードレス子機が、どれだけ彼女との電話に役立ったことか!

(リビングで家族の前で恋人との会話、出来ますか?w)

 

やがてポケベルという暗号メモのようなツールが出て、そのうちPHS、そしてついに携帯電話が普及しはじめました。

僕がちょうど上京する頃には家電を持つ必要がなく、「携帯電話が自分とつながる電話」という時代でした。

 

ショートメールとか、iモードとか、懐かしい。

 

だんだん液晶が大きくなって、折りたためるようになったり、カラーになったり。

そしてスマートフォンというほぼ液晶の携帯電話が登場。

LINEやSNSという文化が広まって、スマホやアイフォンの今に至る。。。

 

充電は基本的に家か、充電できる施設?でしか出来なかったのが、今やバッテリーを持ち歩けるっていうんだから。

おじさん感動しちゃうよね 笑。

 

そんな感じで、仕事中にガッツリ充電がなくなっても、サクッとモバイルバッテリーで何事もなくチャージできる素晴らしさ。

助かりますなぁ。。。

食事に似てるかも

僕が勝手に感動し過ぎてるだけかもしれませんが、外出先でバッテリーをフル充電に復活させるのって、「腹減った状態からメシを食って元気になる」感じに似てる気がして。

バッテリー表示が赤くなって「もうヤバいですよー状態」の時って、「あああ…💦」って気分です。

バッグからサッとモバイルバッテリーを取り出し、スチャッと接続して充電表示に変わるだけで。

おにぎりの最初の一口を食べた感じです 笑。

 

最近のモバイルバッテリーはコンパクトなので、繋げたまま使用できる。

まるでパンを食べながら仕事してるような?

お茶を飲んで流し込んでるような?

だんだんお腹も満足して、元気も蘇ってきます。

 

これは人体の話ですが、食事って大切よね。。。

クタクタになると、おにぎり一個食べるエネルギー感がとてもありがたいもんねぇ。

 

スマホでも、充電が80%以上完了すれば「はい余裕〜♪」みたいな。

そんな心地良さを感じるのは僕だけ?



安心はいい仕事につながる

色んな意味で、「安心」って良い仕事に繋がると思います。

「たかがスマホの充電w」って思うかもしれませんが、スマホが使えなきゃ仕事にならない業務だってあるんです

働き方は、会社勤めばかりじゃない。

在宅ワークでいつでも電気が使えるばかりでもない。

外回り営業や、配送業、そして写真撮影ほか「電気のない外出先」を一日中まわるようなお仕事だったり。

中でも、今やってる業務委託の写真撮影。

メインはカメラ操作…かと思いきや、スマホ使用の方が圧倒的に多い。

マップ、アプリでの業務報告、LINEでのコミュニケーションほか。

スマホを使えなきゃ出来ない仕事と言っても過言じゃない。

 

となると、バッテリー問題はとても重要なことなんです。

だって「バッテリー無くなる=仕事できない」ですから。。。

 

当たり前すぎるくらい、外出先でバッテリーの心配がいらないという「安心感」。

これがあるから、余計な心配をせずに他のことで大いにテンパることができる w

 

きっと、モバイルバッテリーなんて珍しくもなんともない人にとっては、「YouTubeって面白いよ!」って言ってるのと同じかもしれませんが。

でもほんと、当たり前のようですけど、これって便利なことですよ。

友だち追加

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

18 − 3 =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)