新曲「そんなもんだよな」

そんなもんだよな

今年最後のリリースとなる新曲です。

「そんなもんだよな」

実はこの曲、歌詞だけがあって。

なんとなく鼻歌でイメージしていた曲の雰囲気はあったものの、一切音源化していませんでした。

音源化する曲を選んでいたときに、ピンときて今回はこの「そんなもんだよな」。

 

アートワークの絵からもご想像いただけるかもしれませんが、「青春時代のほろ苦い思い出」みたいな内容です。

今じゃハゲ散らかることさえ許されないツルッパゲの僕ですが、それなりに青春時代がありました 笑。

きっと皆さんにも、人それぞれの青春時代のほろ苦さ、もしくは甘酸っぱさ、みたいな思い出があるかと思います。

 

子供の頃からモテていただと?そこのあなた。

ハゲてしまえ 笑。

Kazumichiワークスは、片思いや失恋ばかりのあなたが大好きです w

なんせ自分が片思いばっかりだったから。

 

胸が苦しくて、夜に悶々としたり。

なにげない日常の接点が、ドキドキした思い出だったり。

 

今だとLINEのやりとりが、青春の記憶でもあるのかな?

ハイテクですなぁ。

僕の青春は、ガッツリ「手紙」よ。

 

もちろん今でも手紙はあるでしょうし、昔と変わらず「特別な言葉の贈り方」かもしれません。

僕も昔の手紙の記憶が残っています。

涙をポタポタ落としたあの時とかね。

 

誰だって、「両想いだったらいいのになぁ」って心の中で思ったことがあるでしょ?

でも、現実ってのはまぁ〜ドライ。

そんなねぇ、自分が好きな人が、うまいこと自分のことを好きでいてくれるなんてことはそうそうないわけで。

 

でも、わかんないんですよね。。。

僕も、自慢じゃないですが鈍いです 笑💧

こんなに仲良くしてるのに、そういう関係の「好き」とは別物…みたいな。

逆に、全然話したこともない人が「え?なんで?」と思うくらい好意を持っていてくれてたり。

 

まあ要するに、自分が思うようにはいかないってことですよ。

だからこそ、青春は張り裂けそうに貴重な思い出なんですよね。

僕は恋愛や結婚にあまり縁がないので、数少ない恋人との思い出をしっかり覚えています。

 

みなさんはどうですか?

ぜひ「そんなもんだよな」を聴いて、学生時代にタイムスリップしてみてください。



新たなプラグインを使用

音源制作のお話で言えば、今回は制作がちょうどクリスマスだったんです。

クリスマスっていったって別に何にもないんですが、自分にプレゼントしてもいいじゃない? 笑。

 

そうだ プラグインを 買おう 【Kazumichiワークス】

 

…クリスマスじゃなくても買ってるじゃん💧というツッコミはご遠慮いただくとして、新しいプラグインを買いました。

お世話になってるwavesのプラグインです。

3千円ちょいで買えるんですから、子供のおもちゃよりも安いもんでしょ。

(世の中のパパ・ママは大変ですな。。。)

 

今回買ったのは、Waves SSL EV2。

SSLのコンソールをシミュレートしたプラグインです。

僕は日頃MIX作業で、味付けのプリアンプシミュ・コンプ・EQなどを組み合わせています。

結構面倒くさいというか、「そんなに多用しないんだけど使う」のがEQ。

スタジオワン付属のEQを利用してますが、なんかもっとトラックごとに直感的に使えるEQがいいなと思っていて。

 

Wavesプラグインで、SSLのチャンネルストリップシミュはあったんですけど、買おうか迷っている状態でした。

でも今回のEV2は、知るタイミングが良かったです。

「クリスマスプレゼント for me」という無敵のタイミング 笑。

即買いました。

 

「そんなもんだよな」のMIXで早速使用。

個人的には入力段の「ANALOG」の効きが好きです。

「Mic」のつまみをあげると、音にパンチがでます。

リアリティが上がるというか、僕はこのツマミをちょこっと上げて音にハリを出す。

 

メインで使っているコンプは、スレッショルドやアタック・リリースを調整するタイプじゃないので、ある意味感覚的に使えるんですが、汎用的に使いやすいかといえば、う〜んって感じ。

なので、シンプルでEV2のコンプも使いやすい。

ただ、あまりガッツリと効く感じじゃない気がします。

 

なにげに、ローパス・ハイパスフィルターが助かるかも。

アコギの低域をちょこっとカットしたり、もちょっと落ち着かせたい感じでハイを弱めたり。

いちいちEQで設定するよりラク。

 

EQは、可もなく不可もなく。

周波数のサウンドを聴きながら探れる(ツマミをクリックした状態でその帯域の音が聴ける)のは便利。

ブースト・カットしたいポイントを耳で直感的に探せる。

 

今まではあまりEQを使いたくないと思ってました。

ローカットや、こもりをスッキリさせる、アコギの高音域ブースト、その程度。

あまり細かくいじると、どんどん不自然なサウンドになっちゃうもんで💧

EV2のEQは、極端に効くような感じじゃない気がする。

それは悪い意味じゃなくて、積極的に利用してもサウンドが変にならない。

そう思ったので、今回の曲では結構感覚的にEQを活用しました。

 

マスターアウトCHにももちろん挿せますが、マスターは今までのコンプ他様々なプラグインの組み合わせで整える方が、僕には合ってるかなと。

僕のイメージですけど、SSLはくっきりとパンチがある感じ

僕の好みのサウンドは、もう少し角が削れた柔らかいサウンドなんです。

マスターに別のコンソールプラグインやテープシミュなど味付けで、自分好みに仕上げます。

 

個別トラックのサウンドメイキングとして、EV2はめちゃくちゃ重宝しそう。

実際、今回の「そんなもんだよな」のサウンドも、今までとは違う良さを感じます。

各パートの音が今までよりも良くなった気がします。

 

そんなわけで。

新たに導入したEV2。

これは活躍してくれそうです!

 

今年最後のリリース「そんなもんだよな」。

ぜひ聴いていただけたら嬉しいです。

 

来年も引き続きオリジナル作品をリリース予定です。

Kazumichiワークスの作品に興味を持ってもらえることを願いつつ、情熱を持って作品を制作していきます。

 

また、フリーランス業務としても「BGM制作」「オリジナル作品制作」など、随時ご相談を承っております。

Kazumichiワークス Audiostock

企業様、個人様、Kazumichiワークスへのご相談お待ちしております。

友だち追加

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

two × one =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)