ソニーEマウント(フルサイズ用)の超広角が欲しいですが…

メリークリスマス イブ!

ソニーフルサイズの超広角レンズ

カメラマンの仕事を始めて、室内写真など広角レンズの必要性を実感できました。

業務委託のお仕事では会社からお借りしているニコンのAPS-C機を使っています。

レンズは10-20mmの超広角。

Kazumichiワークスとしてフリーでいつでもお仕事をお引き受けできるように、自分でも超広角レンズを用意したいところ。

お店の写真やライブハウスの写真なんかも、今使っているタムロンの28-200ではちょっと広さを表現できないかなって。。。

ただ、ライブ写真撮影なんかは今の中望遠レンズが使いやすくていいですけどね。

シンガーソングライター 木下 拓也さん

建築写真となると、超広角は必須ということで。



数が少ない

自分のカメラは【SONY α7sⅡ】という機種です。

高感度に強いということで、ライブハウス撮影にもってこいだと感じて選んだカメラ。

地味に嬉しいポイントで、完全にシャッター音が消せるサイレント撮影も可能。

ライブ中にシャッター音に気をつかうことなくバンバン撮影できます。

さあ、このSONYフルサイズ Eマウントで使える超広角レンズはどんなのがあるのか?

。。。。

あんまりないのね💧

おすすめというか、数自体少ないから必然的にこれになっちゃうんでしょうけど、

SONY 12-24

GMシリーズはもっと高いですけどね。

 

APS-Cで10mmフルサイズ換算にして16mm相当ということで、16mm-のレンズも選択肢に入れれば。。。

 

SONY 16-35mm

 

同じような価格帯で、、、

SIGMA 14-24

 

そして個人的に好きなタムロン!

タムロン 17-28

こんなとこでしょうか。。。

 

そりゃあソニーの12-24mmはきっと素晴らしいレンズでしょうよ。

でも価格が。。。💧

ガッツリお仕事をいただけて、元がとれるなら購入する価値のあるレンズだとは思いますが。

現実的にはソニー16-35、もしくはシグマ14-24ってところでしょうか。

(それでも意を決する価格ですがw)

 

で。

なぜかいつも僕は、最終的にタムロンにたどり着くんです。

皆さんの評価は分かりませんが、僕はタムロンで撮った写真の質感が好きなんですよ。

なんというか、アート的なものを感じて。

タムロン 28-200

 

ソニーやシグマはスッキリとキリッとしてて、シャープなイメージですし万人に好まれるのもわかる気がします。

でも何か、個性というか。

そういうものを感じるのは、僕にとってはタムロンなんですよ。

そして、価格も自分に合ってる w

 

まあ、自分の好み仕事で使う上での評価狙いは違いますもんね。

シグマあたりがいいのかもしれません。

 

もし本当に買うとしたら、もっと細かく比較しますけどね 笑。

12-24mmは多分除外しますがw(高すぎよ💧)、他のレンズで事細かに比較検討するでしょう。

 

今のところ、Kazumichiワークスへのご依頼として広角レンズが必要なお仕事はないので、すぐに必要というわけではないのですが。

レンズ見てると欲しくなるー。。。

使い道があると欲しくなるー。。。

あまり見ないようにします。。。

友だち追加

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

1 + fifteen =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)