電源ケーブル 興味あるけど高すぎるんよ

高級電源ケーブル

昨日、コロナワクチンの2回目を済ませました。

その帰り道、ハードオフに寄ってプラプラ。

特にコレといって欲しいものがあるわけじゃないんですが、欲望の沈静効果?

楽器屋とかも、フラッと立ち寄るのはそのため。

 

ハードオフ店内を見て回ってると、中古の電源ケーブルが売られていました。

いわゆる、オーディオ用の高級電源ケーブルってやつです。

3本あって、1本は約¥20,000。

あと2本は約¥10,000って感じです。

 

電源ケーブルですよ?

しかも汚ったない中古品。

それが¥10,000以上するんですから。

 

僕は音楽制作をしていますし、昔から電源周りの製品にも興味があり。

なので、本格的な電源ケーブルが高価だということは知っています。

でも一般的な感覚として、電源ケーブルにこの値段はぼったくり価格ですよね 笑。

 

もちろん、普通の安物電源ケーブルとは構造が違うし、それなりの効果を謳っているわけですが、ちょっと気軽に手を出せる値段じゃない💧

興味があっても手を出せない

電源ケーブルなので、電気を機材に送るためのケーブル

音楽に関していうと「音質が変わる!」とか「ノイズがなくなる!」とか、電源ケーブルをグレードアップさせることで音質向上を期待するわけです。

ただこれが、色んな見解があるもので。。。

 

簡単にいうと、

電源ケーブル変えたってそんな変わらない派と、電源ケーブルを変えたら音が良くなる派の意見があるわけです。

僕の見解は…「多少は違うかもしれない」ってとこでしょうか。

単体電源ケーブルを購入したことはないので、予想でしかありませんが。

 

電源に関連した経験・実感としては、

・昇圧トランス使用での音の変化

・パワーディストリビューターを使った感想

でしょうか。

 

【昇圧トランス】は、電源100Vを115V(だったかな?)にアップして機材を使うためのものです。

海外製の機材だと、本領発揮するために電源を上げて使用するみたいな感じ。

以前、マイクプリを使用する際に昇圧トランスで電圧を上げて使ってました。

確かに、「音の特徴がハッキリとする」感じがしました。

ちゃんと電気が十分に送られて、性能をしっかり発揮してるというイメージです。

もちろん100vでも使えるんですが、昇圧トランスを使っちゃったら弱々しく思う。。。

この実感で、電圧の違いで音に影響があるというのがなんとなくわかった気がしました。

(よく、海外でレコーディングするのは「音が良いから」とかいうじゃない?)

 

パワーディストリビューター】を使った時は。

ハッキリ言って、大した音の変化は感じませんでした。

でもこれはね、使い方が悪いというのもあります。

アース付きの3芯コンセントですけど、そもそも部屋のコンセントはアース式じゃない💧

2芯への変換プラグを使って使用していた。

つまり、おおもとがアース処理されてないわけです 笑。

そりゃ大した意味がなくて当然。。。

ノイズに関しては、アースなんて一番大事な要素でしょうから。

 

この経験から。

電源コンセントから供給される状態が良くなきゃ、あまり改善は見込めないかもと実感。



たぶん多少の違いはありそう

昇圧トランスもパワーディストリビューターも、そして電源ケーブルも。

その役割が違うでしょうから、効果がある・なしは自分の環境で試してみるしかないような気がします。

 

電源ケーブルもそう。

アース処理されてないコンセントじゃ意味ないって見解もあるかもしれませんし、電気の流れ自体が改善されるから効果があるということも考えられる。

だから試してみたいんですよねぇ。。。

 

だけど、試すには高すぎる💦

中途半端なケーブル(数千円程度)じゃ、大差ないと思います。

せめて¥20,000くらいの電源ケーブルを試してみたいもんです。

 

多少は変化を感じるんじゃないかな?

以前記事でも書きましたが、機材ケーブルをフォーン端子からキャノン端子に変えただけでも音が変わった(大きくなった)。その記事はこちら。

なので、電源の通り道を整備することで、パワーは上がるような気がします。

実際はわかりません。

 

クリスマスプレゼントに何が欲しい?

「高級電源ケーブル!!!」

って答えるような大人になってしまったのは、誰のせいでもありません 笑。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

5 × two =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)