リアルとシミュレート。自分で感じてみなきゃ

アルバム「FINE FALL DAY」発売中!

すぐに買いに行った

前回の記事で書きました、NUX(ニューエックスって読むんですね)Solid Studio IR & パワーアンプシミュレーター。

簡単にいうと、アンプをマイク録りしたサウンドのシミュレーターです。

「アンプをマイク録りしたサウンド」というのがこだわりポイントなんですが、マンションの一室でギターアンプを存分に鳴らすことは難しい。(楽器演奏可能マンションであっても)

クリーンの大人しめな曲ならまだ実機のマイク録りでもイケますが、ノイズの問題など気掛かりがあるのも事実。

 

「実機のマイク録り、音は良いんだけど使い勝手はね💧」

 

面倒臭いということではなく、気を遣うことが多いという意味です。

ましてや歪みサウンドは、アンプを鳴らしてマイク録りは厳しいかな。。。

 

というわけで、気になるハード機器のNUXを購入しました。

音楽機材はポンポン買っちゃって💧

稼げるように頑張らないとヤバいね💦

でも、これでも本気で音楽やってるつもりですから、仕事道具をケチってどうする?って話で。

(いや、欲しいだけだろ w)

さっそくBGM制作に使用してみました。

リアルとシミュレート

第一印象は、「ん?ちょっと弱々しい?」。

接続は以下。

【ギター】⇨【コンパクトエフェクター】⇨【NUX】⇨【オーディオインターフェイス】

 

最初は、NUXのみの音をチェックしたかったので、コンパクトエフェクターはOFFで。

ツマミそれぞれの違いはハッキリ違って面白い。

でも何だろう、この細さ・弱々しさ。。。

ゲインやマスター設定でシンプルに大きくすれば、音量的には問題ない。

DAWのメーター上ではかなり大きめに入力されてるんですけどね。

コンプでしっかり潰されてるような感じ。

 

そこで、コンパクトエフェクターをON。

Over Driveなんですけど、歪みが少ないエフェクターなのでプリアンプ的に使える。

エフェクター&NUXでかなり印象が変わりました!

 

だんだん聴き慣れてきたせいか、シミュレーターとしての質感を感じるようになりました。

アンプ実機のマイク録りと比べた感想は、「似た雰囲気はある!」って感じです。

というのも、比較条件がチグハグなので。

実機アンプは安価なエントリーモデル。

センドリターン端子もないような。

 

対してNUXの方は、シミュとはいえ名機のキャビネットをモデリングしてるわけで。

サウンドも違う。

加えて、マイク&マイキング位置、真空管選択もできる。

その組み合わせで全然音が変わるので。

 

音の良し悪しは好みがあるし。

例えばフェンダーの名アンプの音が欲しいなら、究極は実機を鳴らすしかないと思っています。

音楽制作全体を考えたときに、自分にとっていちばん現実的で使いやすく納得できる落とし所を見つける必要がある。



僕は「空気感」に絞ってチェックしました。

張り付いたラインのサウンドとは違う、マイクを立てた時のあの物質的な空気感です。

そういうシミュレーターだけあって、しっかりマイク録り特有の「距離感」みたいなものを感じました。

 

動作が安定してきた?のか、電源入れたてよりも音がしっかりしてきたような。。。

(ツマミをいじり慣れてきたからかな?)

 

歪ませたときに、やっぱり効果的ですね。

ギターアンプ実機のように、音量を気にしなくても良い。

ジャカジャーンって思い切りストロークできる。

こういう歪みサウンドに使うのがいちばんの購入目的でもありました。

 

で、実際ギターアンプをマイク録りした音と比べてどう?って話ですが、

個人的にはプラグインより好きです。

正直、音が出せるならやっぱりマイク録りを実際にした音には敵わない気がします。

でも、音の存在感として、やっぱりハード機器の良さがあると感じました。

シミュですが、フェンダーベースマンやデラックスリバーブ、ツインリバーブのサウンドを使える。

ホンモノは買えない(買ってももったいない💧)から、制作には使いやすくて最高です。

ストライモンやBOSSの同系シミュレーターが気になりますね。

こだわるけど囚われない

ひとまず、これでエレキギターパートの物欲は落ち着いたかなと 笑。

このシミュを購入したことで、実機アンプを買いたい欲求もおさまりました。

何度も言って恐縮ですが、僕はアコギとエレキの調和にこだわる。

その大きな要因は「空気感」。

マイクで録った雰囲気をいかに再現するかが、自分なりの好きなこだわりなんです。

 

もちろんドラムやベースアンプ、ピアノなど、プラグインに頼ってるものも多いです。

それはしょうがない💧

エフェクトを使って、リアル感を再現するのが自分のMIXポイントだったりします。

 

言ってしまえば、全部を本物にしようってのは、今の僕の環境では難しい。

プロのミュージシャンとか、作曲家になって、スタジオで全てを生トラックに差し替えでもできない限り完全なるリアル録音はできませんからね。

ひとり多重録音スタイルでいる以上は、スタジオ利用は考えてません。

お金や時間制限、機材のセッティングとか、宅録に比べて労力がかかりすぎる。

せっかく自宅でハイクオリティな制作ができる時代なのに、そういう物理的なことに囚われたくないんです。

 

だから、こだわるけど囚われない。

 

アンプサウンドばかりにこだわって、アコギへの注力を忘れちゃうのも本末転倒ですからね。

音楽制作も販売方法も、自分のやり方を見つける。

それが楽しいし、それで良いと思ってます。

 

そんなわけで。

NUXのシミュレーター、特にロックやブルース色の強い曲で活躍しそうですよ!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 × 3 =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)