NUX…君とはすでに出会っている

気になっていたアレ

先日、モスキーのゴールデンホースというエフェクターを購入しました。

激安エフェクター(しかも中古)で、音も使い勝手も気に入った良い買い物でした。

 

ハードオフで中古を探していたんですが、その時にこのモスキーを発見する前に目に入ったエフェクターが。

nux solid studio ir & パワーアンプシミュレーター です。

「アンプシミュレーター」と表記があったので気になっていたんですが、全く知らない製品だったのでそこまで熱心に見ることもなく。。。

それに、その時はできるだけ安くて小さなOver Driveが欲しいだけだったので。

 

しかしアレですね。。。

やっぱり気になるものって、出会う運命というか。

色々調べてるうちに、たどり着いちゃいましたよ。

nuxのアンプシミュレーター。



情報が繋がった

僕はアンプシミュレーターが好きなんです。

コンパクトエフェクターはそうでもない。

 

「ギターアンプの音をリアルにRECしたい」

これが僕がエフェクターやプラグインに求めるものなので、歪みなどの単体エフェクターより、アンプをモデリングしたものやキャビネットシミュレーターに興味津々。

PODなど、ハードのデジタル製品も使ったことがありますし、今はプラグインも使っています。

ルーティングやノイズなどの面で、とても使いやすくて良いんですが、やっぱり音がね。。。

 

悪いというわけじゃないんですけど、本物感がないんですよねぇ。。。

たとえシミュレートだとしても、「音としてのリアルさ」みたいなものが欲しくて。

それを求めると、デジタルではちょっと違う感じがするんです。

 

気になっていたnuxのアンプシミュレーター。

これは、アンプ・キャビネットや真空管とかマイクとか、アンプの音を録音する状況をシミュレートするようなエフェクターのようです。

まさに、自分が一番欲しい部類のエフェクター。

 

昔から探してはいました。

コンパクトエフェクタータイプの製品でも「キャビネットシミュレーター」が結構あって。

ただ、エレキギターをメインで弾いていたわけじゃないので、買うには至らず。

 

しかし最近は、BGM制作やオリジナルソングの制作をガチっているので、エレキギターも頻繁に使用します。

特に音源制作に用いるので、できる限り自分の思うようなサウンドが欲しい。

そうなると、以前にも増してアンプシミュレーターが気になります。

 

ストライモンBOSSなど、もう少しハイグレードなメーカーのアンプシミュももちろん気になりますよ。

でもね、価格が2〜3倍するんですよ。

そこまでいくと、アンプ買えるんですよね。

(そもそもの購入意図が変わってくるんですが w)

ちょっと待って、プラグインじゃダメなのって?

プラグイン、悪くないんです。

特に使い勝手は最高ですよ。

ただ、僕の場合はアコギや歌など「マイク録りした音との調和」にこだわります。

実際にマイクで録った音と、デジタルでのシミューレーターでは質感がどうしても違うんです。

個人的な自己満足かもしれませんが、僕にとってはとても大事な部分でして。。。

 

自分なりの勘ピューターとでも言いましょうか(新庄監督の話題が熱いですね)。

気になっていたものって、やっぱり引き寄せられる何かがあるんでしょうね。

nuxアンプシミュの動画をチェックしてみたら、ほうほう!結構面白そうじゃないですか!

その動画だけでは一概に言えませんが、デジタル製品と一応ハード機器のnuxのサウンド比較がありました。

デジタルはやっぱり良くも悪くもデジタルって感じました。

例えそれがケンパーだとしても、個人的にはnuxの方が好きかもしれません。

(あ、でもケンパーを買えるならそっちを選びますけど 笑)

僕には宝の持ち腐れかな💦

さらに気になる情報が

主な機能も僕には充分だし、何より気になったのが「自分のアンプの音をキャプチャーできる?」こと。

詳細があまり分からないので、思っているのと違うかもしれませんが。

イメージでは、

・自分のアンプの音をマイク録りしたものをプリセット保存できて?

・パラメーターとして使用できる?

という感じです。

もしこれが間違ってなければ、せっかく使ってる実機のアンプサウンドも有効利用できそう。

 

アンプのマイク録り、音の質感は最高なんです。

当然、アコギや歌と同じ環境下で録音するので空気感もまとまっています。

しかし問題は、やっぱり音量&ノイズ。。。

 

簡単にいうと、もっと大きな音でアンプを鳴らしたい。

マイク乗り、ノイズ比など、やっぱり音量に気を遣いながらだと色々微調整が難儀です。。。

歪ませたサウンドが欲しい時なんて、アンプを鳴らすのはちょっと弱すぎるかな。

せっかくの実機なのに、その良さが出ない。

 

マイク録りとアンプシミュ(ハード機器)の両方できるのが良い。

曲によってはマイク録り(クリーン)、ロックにいきたきゃシミュでガッツリ歪ませるとかね。

 

物欲の秋。。。

僕の財政、危険です 笑。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

five × 2 =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)