アンプのマイク録りがしたい

エレキギターの音

エントリーモデルのフェンダーアンプが、意外と良かったんです。

クリーンサウンドは、シミュレーターの高級アンプの音より全然好き。

まあ、そりゃあ本物のサウンドですからね。

 

そうなると、このアンプを音楽制作にも活用したくなりました。

ということで歪みにも対応できるようにエフェクターを購入

詳しくはnoteにて!

 

僕の音楽はアコギと歌がメインです。

もちろんアレンジによっては、エレキやピアノが目立つこともありますが、基本的には全てがアコギから始まってます。

録音はマイク録り。

歌はもちろんですが、アコギもライン録音はしません。

(ピックアップもついてないですし)

 

ドラムはプラグインですし、エレキとベースはラインからのプラグインアンプシミュレーター。

ピアノやシンセ類もプラグイン音源です。

本当は全部生音をマイク録りしたいんですが、僕が有名音楽家にでもなって自宅に大きなプライベートスタジオでもない限り無理な話で💧

あと、実際に全てをマイク録りするのは時間や技術的にも一人じゃ厳しいでしょうし。

 

でもギターに関しては、自分のメインとなる楽器でもあり、マイク録りもできないわけじゃない。

騒音配慮などもあり、環境によって左右されてしまいますが、その気になればスタジオ利用したりとか。

僕は毎日のように音楽制作を進めたいので、自宅で常に作業できる環境が良い。

そうでなきゃBGM制作だって、全然進まなくなっちゃいますからね。

Kazumichiワークス Audiostock

 

楽器演奏可能なマンション。

小型のアンプが思いのほか使えそう。

自分史上過去一アンプのマイク録りができる環境です。

これはエレキパートもマイク録りしたい。。。



アンプシミュレーターは便利だけど

エレキギターのマイク録りにこだわるつもりはありません。

本来、アンプをマイク録りしようと思ったらもっとしっかり大きな音を出してマイクで拾うんでしょうから。

チマチマと小さな音を気を遣ってマイク録りするのは、ナンセンスかもしれません💦

 

ただ、僕の音楽スタイルはアコースティック色が強い。

ロックやパンクな感じでジャカジャーン!と派手なエレキサウンドが欲しいことは少ないんです。

(といっても、曲によってはキース・リチャーズになりきりますけどねw)

アンプシミュレーターの良いところは、個人的には「音量を気にしなくて良い」ということだと思ってます。

いろんなアンプのシミュとかエフェクターがあったりとか、便利かもしれませんが僕はあまり使いこなせないんで。

アンプはクリーン系、フェンダーのツイード系?

エフェクターはせいぜいオーバードライブくらいなもんで。

 

よくプラグインを使いますし不満があるわけではないんですが、ゆーてもプラグインです。

わかりやすくいうと、偽物なわけです。

厳密なことを言い出すと賛否があるでしょうけど。

 

アコギや歌の生音と混ざり合った時、どこか違和感がある。

当然かもしれませんが、その些細な違和感を解消するだけで僕にとってはまたリアルに近づくんです。

空気感や響き、それはよほど音響の勉強と空間系エフェクトの操作知識がないと意図してコントロールするのは難しいと感じます。

部屋でマイク録りしたものと空気感を合わせることが、僕の音楽ではとても大切だと考えてるんです。

 

色んなサウンドメイクや考え方があるでしょうけど、僕はなるべく生演奏に近づけたい。

ドラムなどのプラグインを使う際も、距離感や残響を意識して音を整えます。

スタジオやステージなど、ひとつの空間でバンドが演奏しているようなアレンジが基本です。

エレキギターのマイク録りは、その理想に近づける手段の一つです。



アコースティックなエレキ?

音楽制作されてる方、またはギタリストの皆さんにとっては、

「は?こいつは何をさっきから当たり前のことを言っているんだ 草」

と思われるかもしれません💧

 

でも実際、DTM環境がどんどん進化して、自宅で色んな音楽が作れるようになってます。

ボカロもそうですが、歌さえも人間じゃなくなってる。。。

楽器が弾けなくても音楽が作れてしまうんですから。

 

ギターだって、プラグインどうこう以前に、MIDIで打ち込んだりサンプリングを組み立てたり。

それはもうギターなの?と思ってしまうような音楽制作スタイルもまた、一つの方法なわけです。

人それぞれですから、どんな作り方でも他人がとやかくいうものでもないでしょうけど。

 

でも僕はね。

音楽の好みも関係してるでしょうけど、音ってもっと人間が先導するものだと思うんです。

ボーカルは人間が歌うし、シンセサイザーだって人間が鍵盤を弾く

ギターだってもちろん、ギターを弾いて録音する

そんな当たり前のことが、その曲の個性を輝かせる基本だと感じるんです。

 

僕はアコースティックな雰囲気が好き。

フォークやブルースとかね。

あの弾き語りやアコースティックバンドの雰囲気って、機械的なDTMじゃ出せないと思うんです。

プラグイン、アンプ録り、いずれにしてもアコースティック感を消したくない。

なんと説明すればいいか、アコギとエレキの混ざり具合が自然な音楽を作りたいんです。

多くの楽曲でアコギもエレキも使われていますが、この「生と電気的」の交わり具合でかなり印象が変わると思うんです。

 

エレキギターを弾いても、アコギと同じように空気を通してDAWに録音する。

それによってアコースティックなエレキ?というイメージを追求したいから、アンプのマイク録りがしたいんです。

 

人のこと言えませんが、ギター弾きってオタクですよねぇ。。。

偏屈ですよねぇ。。。

ギタリストの奥さんって大変そう 笑。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

11 − 7 =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)