パンデイロを叩いてみました

パンデイロを叩いてみた

 

先日注文したパンデイロが届きました。

滋賀の楽器ランドサンクスというお店で購入したんですが、手書きのお手紙が同封されていてほっこりしました。

届いたパンデイロもしっかりした製品で、カッコいいです。

 

YouTubeでなんとなく叩き方を見ていたので、こんな感じで叩くのかな?なんて適当に叩いてみました。

まあ、叩けるわけもなく。

パンデイロ舐めんなよって感じですね💦

 

先日の記事でも書いたんですが、パンデイロを知ったのはタンバリンを探していたからなんです。

DTMでドラムに加えるアクセントや、アコギとの生演奏によるリアルなアンサンブルとして、プラグインではなく本物のタンバリンを使おうと思っていたので。

そこで知ったのがパンデイロ。

タンバリンとは見た目こそソックリですが、奏法やサウンドは全くの別物のようです。

タンバリン奏者でも「パンデイロは叩けない」という人がいるくらい、違うみたいですよ。

タンバリンはジングル(横についてるちっちゃなシンバルみたいなやつ)の響きがメインで、ヘッド(皮の面)がないタイプなんかは特に「パジャン!」というジングル音が特徴です。

たいしてパンデイロは、ヘッドを叩くことで色々な音が出せるのが面白いです。

「小さなドラムセット」と言われるように、

ジンバルによる「ジャラジャラ」

親指の付け根で叩く低音「ボワン」

指先による打音+ジンバルの「パジャン」

手のひらで真ん中を叩く「バン」

ヘッドのミュート加減で打音の伸びも変化

摩擦抵抗を使った「ロール」といわれる奏法

上級者は肘や膝など色んな場所で叩く

手はもちろんですが、イメージするリズムをパンデイロにリンクさせて、多彩な動きで音を出す感じですね。

面白いですけど、確かにこりゃあ難しいですね💧



予想通り音がデカイ

覚悟はしていました。

小物打楽器とはいえ、おそらく音量はかなり大きいと

ドラムまではいきませんが、打楽器という音の特性もあり、ちょっと騒音には気をつけなきゃいけません。

楽器演奏可能マンションではありますが、電子ドラムは禁止です。

 

なぜ電子ドラムなのにダメなのか?

僕も経験がありますが、音量というより「打音」が目立つんです。

振動として響くので、どこからともなく「コツコツコツコツ…」となり続けていたり、バスドラ(電子ペダルでも)の「ドスドス」といったものを叩く音が騒音の原因になっちゃうんです。

叩いてる方は悪気がないとしても、周りにとっては結構ストレス💧

そういう意味で、楽器演奏マンションでも電子ドラムは禁止だと思われます。

 

それに通づる懸念があるので、パンデイロも思い切り叩くのは躊躇します。

演奏としてはしっかり叩かないと迫力が出ないでしょうけど。

でも、僕の使い道としてはDTMでアクセント的に使う。

録音するので、音さえそれなりに出ていればOKかなって思ってます。

小さく叩いてもそれなりに鳴りますし。

要テクニック

音量は叩き加減を調整すれば良いとして、問題はリズミカルに叩く技術そのものですよ💧

こりゃあムズイ。。。

本格的にマスターしようと思ったら、基本の叩き方だけでもかなり練習が必要だと思います。

叩く感覚とリズムをキープする感覚、イメージしたリズムパターンを正確に叩く身体の動き。

ある種ちょっとしたダンスですよ。

 

指先の角度や手首の回転、ロールをするならヘッドに指先を均一に押し当てる感覚とか、絶妙なスキルがふんだんに盛り込まれているパンデイロの演奏。

テクニックが必要なので、専門の奏者がいるのもうなづけます。

そんな難しい打楽器なのにどうするの?って感じですが、自由に使えば良いと思うんですよね。

叩き方にこだわるより、自分のイメージしたものを録音時に表現できる方が、僕にとっては重要なので。

 

ギターでさえマトモに練習しない僕が、専門外の楽器を練習するわけがありません。(威張るなw)

楽しみながら、そして録音で実際に使いながら、自分なりの叩き方でオリジナル曲に活かせればそれで良い。

アクセントとして面白い

難しいですが、楽器としては面白い。

ドラムほど大掛かりじゃないし、手軽に叩ける楽器。

なにより良いのは、直感的であるということ。

 

僕はアコギがメイン楽器。

自分の感覚というものがそのまま出る生楽器です。

自分のリズムのくせやテンポの揺れなど、「電子音とは違う不確実さ」がある種の個性。

生楽器とMIDIでの打ち込みでは、多少なりとも「違和感やズレ」を感じます。

(レイテンシーやクオンタイズなど、タイミングに関する問題は特に)

 

MIDIによるドラムは正確だし、自分では叩けないので重宝していますが、ちょっとした違和感につまづくことも多いです。

「フィルのタイミングが、ズレてるわけじゃないんだけどなんかあってないんだよなぁ〜」とか。

それは自分の演奏がきっと揺らいでるからなんでしょうけど、機械的な音楽にしたいわけじゃない。

あくまでも自分の感覚に全ての音を合わせたいんです。

そうなった時に、最も早いのは、生楽器を自分で演奏すること。

 

打楽器を部屋で鳴らすのはあまり一般的じゃないですからね。(プロや金持ちは別ですが)

パンデイロのような「ギリギリ部屋でも使えそうな生の打楽器」はアクセントとしてとても面白いし、役立ちます。

メインでバンバン叩くのは気が引けますが、ちょこっと使うなら大丈夫でしょ 笑。

早速パンデイロを使った短い作品を作ってAudiostockに申請しました。

また、MBH.STOREでも販売してますし、サンプルページで試聴もできるので(ジングル#23)聴いてみてください。

 

リズムトラックに面白みを加えるアイテムとして、これからパンデイロを活用していきますよ!

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 − 5 =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)