言ってもらえずに【最低男の結末】 後編

オリジナル曲「言ってもらえずに」

オリジナルソングの音源を新たに制作しました。

その名も「言ってもらえずに」

noteにてこのお話の【前編】を書いていますので、気になる方は読んでみてください。

もし、noteから飛んできてくださった方は、続きをお楽しみください。

とある知り合いの話。。。



ある日メールで

スニーカーを買うという名目で、デートした二人。

深夜に彼女の部屋で会話していたのが、なんだか夢だったような感覚。

ゲーセンで遊んでいたとき、遊びで作った名刺をもらっていました。

遊びとはいえ、TEL&メールアドレスがちゃんと書かれてる。

正直言って、彼も少し期待していたが、「まさかあり得ない」というのが理性となっていた。

名刺を見ながら、まるで東京ラブストーリーのワンシーンのように、携帯でメールをした

大した用事があるわけじゃない。

そのあと、直接電話したという。

 

彼「この間もらった名刺が、たまたま出てきたから」

取ってつけたような理由を知ってか知らずか、彼女が言う。

彼女「確かプレステ持ってたよね?ゲームしたい!」

彼「え、じゃあまた遊びに行っていいですか?」

 

夜だった。

教えてもらったバスに乗り、最寄りの停留所で降りた。

パジャマに上着を羽織り、傘をさして立っていた彼女。

それが本当のはじまりだったという。

 

彼女の部屋に来たのは2度目のこの日。

またしても深夜3時をすぎ、帰ろうとしたとき。

来てもらってそれは申し訳ないから、泊まっていきなよという話に。

じゃあ、こっちの部屋で雑魚寝させてもらいますねって話してると、

 

「こっちで寝ようよ。。。」

 

事実上、その日からお付き合いが始まった。

しだいに彼女の部屋に入り浸るようになり、半同棲状態。

いわゆる社内恋愛みたいなもので、アルバイト先の仲間には内緒にしながらの関係だった。

 

でも不思議と、どんなに秘密にしていても。

いつしか「あの二人、付き合って…」という噂が立ちはじめて。

中には直接「デキてんの?」と聞いてくる、ちょっと無神経な先輩もいたようで 笑。

(付き合ってることを「デキてる」って今時いうのかな? w)

 

月9ドラマでいうところの、関係がうまくいってる一番いい時期をしばらく過ごしていました。

彼はこんな事を軽々しく言ったことも。

「結婚してもいいと思ってるよ〜」

 

その時の彼女の冷静さが印象的だった。

「結婚となるとそんな簡単な話じゃないからね」



崩れた信頼

一番大事なというか、「言ってもらえずに」という曲の核につながる出来事があったんですが、詳細は控えさせていただきます。

(知り合いの話、ですけどね…)

笑えない話なので。

この出来事から、当然とはいえ二人の関係は崩れてしまいました。

明らかに冷たくなった彼女の対応。

それを問い詰める彼。

会うたびにケンカ(というより、彼がゴチャゴチャ言ってる)になって。

 

ある日彼女が言った。

「ちょっと距離を置きたいんだ。。。」

その頃、お店も吸収合併されて事実上の店舗閉店となったり、働く場所の問題としてもお互いバタバタしていた。

しぶしぶ、「わかった」というしかなかった彼だったが、内心気づいていた。

 

「これは別れのフラグだな…」

 

彼は別れたくなかった。

そんなこと言える立場じゃないのは、頭ではわかっていても、どうにか関係を修復したかった。

このまま距離を置いたら、確実に関係が消滅してしまう。。。

そう思った彼は、1週間を待たずに「会いたい」と連絡をした。

無言…

明らかに「(コイツ、ないわぁ〜💧)」という、彼女の放つオーラ。

しかし彼は、必死だった。

なんとか話をして、もう一度あの頃みたいに、仲良く一緒にいたかった。

 

駅前のコーヒーショップに入り、話をするも、

彼女はずっと黙ったまま。。。

彼がずぅ〜っと話して、「なんか喋ってよ💧」と言っても、

 

彼女はずっと、うつむいて黙っていた。

 

コーヒーショップが閉店時間になり、マスターに「あの〜、申し訳ない、閉店の時間なんです…」と言われ。

無理矢理会ってもらったので、あとは帰るしかない。

収入上の理由で実家に帰っていた彼女を送る道中、話し続ける彼。

 

どうにか、もう一度やり直せないか?

悪かったのはわかってる、それでもやり直したい。。。

思えば、相当うっとおしい男だったと思う。

 

終始、無言の彼女。。。

 

まるで無視され続けるナンパのように、話し続ける彼と黙って歩く彼女。

彼女の家の前。

 

もう彼も話す言葉が尽きていた。

「やっぱり、これで最後なの?」

 

そして小さく頷いた彼女。

玄関を開けて、

「じゃあ、おやすみ」

それが彼女の別れの言葉でした。

 

「え…それだけ…」

駅に向かって歩き出すと、ポツポツと雨が降りはじめて、しだいに強くなった。

傘をさしてうつむきながら歩く彼。

初めてだった。

声を出して泣いたのは。

 

内臓がこねくり回されてるような、別れの悲しみに打ちひしがれながら歩く。

すれ違う人にはバレないように、傘で顔を隠しながら。

 

ある意味、残酷なほど優しい彼女だった。

罵声を浴びせられても文句が言えないような彼のことを、決して悪く言わなかった。

本当は深く傷つき、怒りを持っていたはず。

でも、そんな感情を彼には見せず。

それが無言というせめてもの怒りだったのかもしれない。

 

思い出の笑顔の頃よりは少し冷たいけれど、少しだけ笑いながら「おやすみ」と言った彼女。

それしか言ってもらえないほどの、最低な男の末路。

 

彼は、その時思ったと言う。

「自分には恋愛なんて向いてないかもしれない」

 

…という知り合いの話でした 笑。

悲しいねぇ。切ないねぇ。。。

 

マジでさぁ、恋愛っていうやつもかなりの体力が入りますよね。

精神的にも肉体的にも。

美輪明宏さんが言ってたっけ。

心身ともに体力に自信がない方は、されない方が身のためですよ オホホホ。

僕はこの体力ないな、きっと 笑。

 

そんなわけで、オリジナル曲「言ってもらえずに」。

ぜひぜひ聴いてください!

Audiostockにも申請しています。

 

みなさんは良い恋を!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four + 8 =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)