エレキギターだからってソロ弾かなくてもよくない?

エレキギターを弾くと

昨日のBGM制作は、かなり苦戦。

エレキギターをメインにした、ロックなテイストで制作していました。

結果的にいうと、ギターリフ(ソロ?)を諦めました。

うまく弾けなくて。

リアルに4時間くらい、リードギターのフレーズを考えては録音を繰り返していました。

その場でフレーズを考えるので、弾き慣れていないのもあるとはいえ、ヘタクソだ💧

 

ガッツリ言い訳をさせてもらうと、僕の音楽の基本はアコギ弾き語りです。

ギター奏法も、コード弾きがメイン。

ソロを弾くことはDTM以外ではほぼありません。

 

スケールの練習とか、単音弾きの練習を特にしているわけじゃない。

エレキギターも昔から触ってますが、いわゆる速弾きエレキらしいフレーズみたいなものは慣れていません。

エフェクターの上手な使い方もわからないし、演奏上のテクニック(ミュートやトーン調整など)も知りません。

 

なもんで。

エレキギターは僕にとって、わがままなベイビーといいますか 笑。

生音のアコギとは違う繊細さがあるんですよね。

ノイズひとつで録音をやり直したくなる。

基本的な奏法が身に付いていないからでしょうね💦

眠たくなるほど脳ミソ集中して何度も録音しましたが、今回はギブアップ。



バッキングの主役になりたがる

エレキパートをアレンジに入れると、どうしても「ギターソロ」を入れたくなってしまう。

エレキはギターソロ(ギターリフ)でしょ!って決めつけてしまっている。

ロックな曲調なら当たり前のように、そういう考えでエレキを弾きます。

 

問題は、エレキギターが上手くないということ💦

バッキングの主役として華を添えたいところですが、泥をかけてしまうような酷い演奏で。

さらに考慮しなきゃいけないのは、BGMだということ。

歌モノのバッキングで、ギターリフやソロという感覚とはちょっと違う。

目立てばいいわけでもなく、むしろ邪魔になるならない方がいい。

コードを弾いてるだけじゃ曲にならないので、その曲の特徴が欲しいところ。

それはエレキのソロとは限らないんですよね。

弾けないのにカッコつけたら

自分のメイン楽器がギターなので、エレキであったとしてもどうにかカッコよく録音したい。

そもそも出来ない速弾きはしませんが、ソロフレーズのリフくらいはビシッと決めたいんです。

これが簡単じゃない。

たった1分の曲でさえ、完璧に弾くことができない。

わずかなタイミングのズレから、不要なノイズ、ミスタッチ、しっくりこないフレーズ…

カッコつけてエレキサウンドを加えても、バレますよね、下手なのが。

 

だったら、入れない方が良いと判断します。

BGM制作は特に。

BGMは販売目的で審査に出すので、そんな下手なのは審査NGになるだけですから。

 

Kazumichiワークス Audiostock

 

自分なりのエレキギタースタイル

ただ、エレキのリードソロや速弾きにも憧れはあります。

エレキを持てばアコギとは違う感じで演奏しますし、アコギでは浮かばなアイデアにつながることもあります。

僕は一生懸命にギターを練習するタイプではないので、技巧派のギタリストにはなれないでしょう。

でも、シンガーソングライター的なエレキギターの弾き方もアリだと思ってます。

 

「エレキが上手なシンガーソングライターはたくさんいる」というツッコミは勘弁していただくとして、自分なりのエレキギターが弾けるのが一番良いと思っているんです。

「ギター上手いんだけどなんか個性がない」そう感じることありませんか?

自分も他人のこと言えませんが、似たり寄ったりのフレーズを弾いて。

ライブで見てよく感じていたのは、「メチャクチャ上手いギター弾きのライブでも10分で慣れる」ということです。

最初は「すごい!」って驚くんですけど、だんだん普通になって、終いには飽きちゃいます。

変なモードに入ると、あまりにもドヤ顔で器用にギターを弾く様がイラッとしたりします 笑。

 

それって、オリジナリティが薄いからだと思うんですよ。

とてつもなく上手。でもコピーです、みたいな。

 

逆をいうと、つたないギターでも、違和感があるくらいのオリジナリティは魅入ってしまうことがあるんです。

不快を与えるほどの下手くそは論外ですが、ある程度弾けるようになってからは個性的というのがとても大切だと感じるんです。

作品においても、似たようなギターは興味を持たれない。

何より「あ、Kazumichiの歌だ」って思ってもらえるような「らしさ」がないと、悔しい。

 

BGMにおいては、無難にという考え方も必要だと思いますが。

「誰かが使いやすい」というのを考慮すれば、当然上手な演奏・クオリティの高い音源が求められるでしょうし。

 

オリジナルソングの制作とBGM制作は、全く違う感じがあります。

オリジナルソングは自分の魂を込めている感じ。

BGMは自分をなるべく出さずにアイデアを形にする感覚です。

いずれにしても、エレキギターは上手いに越したことはないんですけどね 笑。

 

速弾きとか平気でしてるひといるじゃないですか?

その指と脳みそ、どないなっとりまんねん!って思いますよ。

録音するときはもっと神経使うわけでしょ?

エレキギターが弾けるってだけでも、給料もらってよくないっすか? 笑

 

 

 

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 × one =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)