オリジナルソング「Loser」。ピアノのつたなさが良く似合う

音楽活動を辞めようと思ったときの歌

歌自体はけっこう前からありました。

ギターの弾き語りアレンジで、一応音源もあります。

でも、録りなおそうと思っていました。

内容がネガティブなので、アルバムに入れる候補からも外れちゃって、作り直す機会がなかったんです。

 

Loser。負け犬。

音楽を解説するのはナンセンスというか、聴いてくれる方が自由に受け取ってくれればいいんです。

なので、作り手目線のひとつの背景として。

この歌は、音楽を辞めようと思っていた時期に作った歌です。

仕事の給料が激減して、車を売却。(短いマイカー生活でした)

そのお金で、なかばノリと偶然で今のマンションに引っ越してきました。

たまたま、楽器演奏ができるマンションがあった。

現実的な家賃で。

 

ライブ活動はすでに辞めていたので、実質音楽活動らしいことはしていませんでした。

ライブをしないと新曲を作る気が起きない。

DTMをする環境もなくなった(防音室解体)。

ギターだけが残ってる。

心残りを感じながらも、何となくで引っ越してきた防音マンション。

「音楽を辞めちゃうんだろうなぁー」とどこかで感じていました。

俳優を諦めて。

ミュージシャンを諦めて。

低賃金の労働者。

 

ああ こうやって 捨ててしまうのかな 〜『Loser』の歌詞抜粋

 

そんな感じでした。

 

でも分かんないもんですね。人生なんて。

結果的に、今、このマンションに引っ越してきたことで色んなことが変化したんで。

バリバリよ!音楽制作 笑。

 

KazumichiワークスのAudiostock

 

いやいやいや、捨てない捨てない!💦 って感じでね。

これが、なんというか、宿命っていうのかな。(なんてね てへ)



ピアノを主役に

さて、今回のポイントは何といってもピアノです。

いつものことですが、唐突にピアノが弾きたくなりました。

まともに弾けるレベルではありません。

片手でどうにか簡単なコードを弾ける程度。

 

ただ、持ち前の着火力?で一気に練習。

ひたすらLoserのコード進行を繰り返し弾いて、指を慣らしていきました。

左手はつたない動きしかできませんが、一応両手で弾いています。

もちろん本物のピアノがあるわけじゃないので、プラグインの音源、MIDIキーボード+サスティーンペダルで。

弾くだけでも難しいってのに、録音となるとさらに神経を使う。

タイミングやベロシティ(音の強さ)が不自然にならないように録音。

何回録り直したか💦

現時点でのベストを尽くした感じです。

BPMがズレた?

ピアノ主体にするつもりだったので、ピアノでガイドを録音しました。

歌いながらガイドとなるピアノトラックをクリックに合わせて演奏したんですが、下手なのと、ギターとは違うアタック感でBPM(テンポ)に合わせて演奏するのがなかなか大変。

MIDIなので、クオンタイズ(タイミング補正)をかけてみたんですが、違和感があります。

アタックが柔らかい、バラードなのでソフトな演奏感が雰囲気のポイントになるのに、ビタっと補正されると違うなぁって💦

かといって、まるっきしクオンタイズなしだと、そもそもレイテンシー(音の遅延)でズレてる。

ガイドだし、多少違和感あってもBPMにあってた方がいいか!ってことで、ガイドトラックを制作。

 

そこから仮歌。

マイクはもちろん、モハビオーディオMA-20fet!

(マイクに関する記事はこちら)

ピアノ弾き語り風のガイドを作り、それをもとにアレンジ開始です。

軸となるピアノを再度録音したんですが、日をまたいで後日作業を再開したとき。

 

あれ?なんかBPMにあってないんだけど?なんで???

 

ガイドを参考にしつつ、クリックを聴きながら演奏したはず。

ただ、ピアノトラックにクオンタイズは使用しませんでした。

違和感がある箇所だけ手動で修正した感じです。

だいたいBPMに合っていたはずなんですけどね💦

DAWのバグ?

 

こうなると、基本のクリックとピアノがそもそも合っていないので、他のパートにクオンタイズが使えません。

最初から録りなおす気力はなく💧

(何十回と録音したので)

それに、なんかBPM云々じゃなくて、演奏感は悪くないと感じていましたから。

 

ピアノ以外のパート、全て感覚でタイミングを合わせています。

レイテンシーのズレがありますが、非常に人間味のある?不安定さが、ネガティブバラードに良く似合う 笑。

自分の楽曲だし、これはこれで良いかなって。

Audiostockなら、確実に審査落ちしそうですが。

 

普段のアレンジ構成とは異なる組み合わせでの録音・MIX。

コーラスやストリングスなど、バランスに悪戦苦闘しながらも完成させました。

さりげなくピアノも弾けたら

ピアノは昔から興味がありました。

小学生のときに「たまバンド(たまというバンドのコピー)」として遊んでいた頃から、キーボードを弾いていたので。

さよなら人類とか、本当は両手で弾きたかった。

速攻で断念 笑。

右手だけでなんちゃって演奏してたっけ。

 

アコギがメインとなってからは、ライブはもちろん、音源もアコギが軸になっています。

なので、ピアノをちゃんと練習する気もさほどなく。

でも、さりげなく、なんとな〜く弾けるくらいではありたいんです。

アコギでいうところの、弾き語りができるイメージで。

 

ピアノはどちらかといえば、ソロ演奏がメインというか。

クラッシックとか、いわゆる左手と右手があっちゃこっちゃ動く演奏。(←説明が子供w)

ギターでいえばインストをやるような感じでしょうか。

 

僕は、ギターでも速弾きできませんし、インストでソロギターも弾けません。

なので、ピアノにおいても、ソロピアノが弾ける必要はないかなって思ってます。

それよりも大事なのは、自分のアイデアを演奏できるということ。

弾き語りであれ、アレンジのパートであれ、イメージした演奏ができれば音楽制作の大きな武器になります。

 

今回、初めてピアノを全面に出した音源にしましたが、雰囲気が違って良いと感じてます。

アコギな感じ、エレキな感じ、ピアノな感じ、自分の音楽制作に幅が出てきます。

 

サラッとピアノ弾き語りできたら。

モテますな。

いや、無理か。

ハゲてるもんな 笑。

 

 

 

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

five × four =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)