宅録ベース録音!シンプルだからこそ難しいリズム隊

ベースの録音はリズムの要

宅録では、どんな構成で音楽を作ろうと自由です。

「電子楽器のみで作る」人もいれば、「楽器は全く弾けないけどサンプリング音を組み合わせて曲を作る」なんてのもありですね。

僕はといえば、出来るだけ生楽器のバンド演奏に近いサウンドをイメージして作ります。

さすがに生ドラムをマンションで叩くわけにはいかないですから、ドラムはプラグインですが、ギター&ベースは自分で演奏します。

もちろんボーカルも。

自分の音楽スタイルの基本は「弾き語り」です。

なので、メインの楽器はアコースティックギターと自分の歌声です。

これに関してはアイディアをどれだけ表現できるかに注力すれば良いんですが、問題はその他の楽器です。

ドラムやシンセなどのプラグイン音源に関しては、演奏も不慣れとはいえど「MIDI」というデータ扱いなので、いろんな補正テクニックが使えます。

一番の難関?というか、実は難しいのがベースの録音です。

最初に言い訳しますね!

ガッツリ言い訳しますね 笑!

僕はベースの弾き方を知りません。

完全に独学。というか自己流。

おさえ方とか、ミュートの仕方とか、指の使い方とか、サッパリです。

もちろん学ぶ気になれば、書籍でもYouTubeでも色々勉強できますが、面倒なのでそんなことはしません。

DTMで録音をすることが、僕にとってのベースの独学です。

 

どうしてもメインはアコギ(もしくはエレキ)なので、ベース録音といっても複雑なフレーズを弾くわけじゃありません。

ベーシストには笑われちゃうような単純なフレーズでも、クリアなサウンドでリズム通りに弾くのはけっこう大変です。

ベースは曲の存在感を左右する

みなさんが音楽を聴くとき、どのパートを意識して聴きますか?

歌モノだったら、ボーカルを聴きますよね。

音楽をやっている人だと、自分がやっている楽器パートが気になるかもしれません。

「ベースをまず注意深く聴く!」という人は、なかなかのマニアックな聴き方だと思います。

もちろんそういう人もいるでしょうけどね。

 

ベースに注目して音楽を聴いてみると、ギターなどの上物に比べてやたらと地味ですよね。

ベースを目立たせることを狙った曲は別ですが、基本的にベースは名前の通り「曲の土台」となる役割を担ってくれます。

地味やら土台やら、随分とベースを舐めていませんか?と思われそうですが、とんでもない!

ベースは「曲の存在を確固たるものにする超重要なパート」であることは重々承知しています。

正確なリズムで録音する難しさ

とはいっても、最初に言ったとおり僕はベーシストではありません。

ギター弾きが見よう見まねで弾くベースです。

でも、思い描くベースを録音できれば良いので、めちゃくちゃ上手じゃなきゃいけないわけじゃないと思っています。

僕はギターが相棒なので、どちらかといえばギターをうまく弾けるようになりたいので。

(どっちも下手という…お恥ずかしい💧)

こう言っちゃお終いですが、別にベースも鍵盤(MIDI)で打ち込む方法だってあります。

しかも、データなので録音後にいくらでもタイミング修正できますし。

なぜ僕が下手でもベースを自分で弾くのか。

それは、音楽スタイルが生演奏をイメージしているからです。

 

ミスタッチの一切ない機械的に作られたバンドサウンドは、確かにそつなく上手にまとまっていると思います。

いろんな音楽のジャンルがありますし、否定する意味もないですから、それはそれで良いと思います。

でも個人的な好みとして、人間味がないと魅力を感じないんです。

100%完璧な機械演奏より、90%まで精度を追求した人間の演奏の方が凄みを感じますよね。

Audiostockじゃ審査に落ちるかもしれませんが 笑。

 

※直近の審査通過ジングル↓

 

その時の調子によるんですが、今日のベース録音は苦戦。

シンプルなBluesを、6/8拍子、BPM=80のスローテンポで作っていました。

いつものことながら、フレーズもその場で考えて録音。

リズムキープが難しい。

リズムトラックとギターは既に録音済みで、ベースを最後に録音したんですが、何十回とやり直し。

「リズムのモタり」と「ミュートの雑さ(余計なノイズが入る)」が気になったら、即NG!

今日は3回くらい叫びました。

英語で言うところの「F◯ck!!」ってやつですね💦

うまく弾けなくてイラつくんです。

Bluesは特に、グルーブが重要な音楽です。

人間の感情みたいなものを、音楽的なうねりで表現するといいますか。

ちょっとでもリズムがずれたら、台無しなんです。

どうしたもんか…足を組んで頭を抱えました。

立って弾くことの意味

歌以外は、基本的に「座って」録音します。

マイク録音なんかは、位置が安定しますし。

なので、いつものようにベースも座って弾いていました。

いつも気になってるんですが、今使っているビーンベース、ボディが小さいのもあり右手の安定させ方がわからない。

下手なのも相まって、座って弾くとやけに不自然なフォームだとは思っています。

 

ふと思いました。

ストラップつけて、立って弾くか。

これが、思った以上に効果的で!

なんで今まで立って録音しなかったんだろうと思うくらい、弾きやすかったんです。

立って弾くと何が良いって、カラダ全体でリズムをとりながら演奏する。

それが録音のリズムキープにつながります。

フォームも自然。

指がちゃんと弾きやすいポジションでキープできる。

立って弾くこと4回。

あっという間にOKテイクが録れました。

お豆ちゃん(ベースの名前)には、ストラップをつけっぱなしにしました。

またひとつ、レベルアップです。

サウンドハウス

ベースがキマるとグルーブが生まれる

ベースがビタっとキマると、「しっかり土台が出来上がる感じ」です。

ドラムと合わせて「リズム隊」などと呼ばれますが、ベースのハマり具合でその曲のグルーブがキマるといっても過言ではないかもしれません。

ベースは重低音です。

ギターなどと違って、派手にわかる音色ではないですが、その分聴く人の「感覚」に影響します。

カラダがノリを感じて揺れたりするのは、ベースによるグルーブ感が大きく影響しています。

今日は「立って弾く」ことの意味を再実感できました。

「シンプルなほど難しい」

ベースの重要性を象徴する僕なりの表現です。



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

eleven + 15 =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)