ギターはじめたての難関!Fコード(セーハコード)のお話

「Fが弾けなくてギターやめちゃった」

ギターは気軽にはじめられる楽器として、いつの時代でも人気です。

弾き語りがしたくてアコギに興味を持ったり、ロックバンドのギタリストに憧れてエレキギターをはじめたいと思ったり。入口はさまざまですが、ギターを弾きたいと一度は思った人、けっこういるのでは?

最近はYouTubeというツールがあるおかげで、最初からギターに関するノウハウがわかっちゃうんですから、なおさらギターを始めやすくなったと思います。

 

 

さぁ!弾くゾォー!と、大好きなアーティストの弾き語りコード集や、バンドのスコアなどを見ながら夢中になって練習する感じ、よくわかりますよ。

Cコードをマスターして、Amもいける。Emなんて余裕!Gがちょっと指がつらいけどなんとか。良い感じでおさえられるようになってきてる!

あのコードにぶち当たるまでは。

単音弾きとコード弾き

ギターは、6本の弦が張ってあり、フレットという音程を決めるバーが指板に並んでいます。

一番細い1弦から、2・3・4・5・6弦と太くなっていきます。

ギターのヘッド側のフレットを1フレットとして、2・3・4・5…… と20フレット並んでいます。常用範囲でいえば12フレットあたりまででしょうか。(プレイスタイルにより異なります)

単音を引くときは、例えば、1弦3フレット=1弦の3フレットバー(正確には2と3の間ですが)をおさえるという感じです。

コードって?

コードというのは和音弾きのことで、ギターコードを抑えて弾きます。

ストロークと呼ばれる、要はジャカジャカと弾く奏法です。

C、E、Gなどアルファベットは、ギターのコード名です。

厳密にいうと、ギターコードはアルファベットに+αされていろんなコードがあるんですが、今日は細かい話はなしということで。

 

さて、このギターコード、それぞれ「おさえ方」を覚えなきゃいけないんです。

ギターコード入門とかギタースコアとかを見ながら覚えたり、最近ならきっとYouTubeでもレッスンされてる方がたくさんいることでしょう。ギター独特の指の形を練習するわけです。

最初は指が動かない。入門書の指の形にできない💦

力入っちゃって指先が弦による圧迫で痛いし。

それでも何度もおさえてコードを鳴らせるよう練習します。

 

音楽でいうと、「ド」って基準な感じがしませんか?「ドレミファソラシド」って音階を習いますからね。単純な説明になりますが、ドレミファソラシドをアルファベットに置き換えるとこうなります。

Cド・Dレ・Eミ・Fファ・Gソ・Aラ・Bシ・Cド

 

ギターコードのアルファベットは、コードを構成する基準音(メインの音)を表しています。

Cというコードであれば、・ミ・ソ・ド・ミの和音で構成されている、という具合です。

 

音楽理論的な話は、僕自身が苦手なのでやめておきましょう。

シンプルに、「ギターのおさえ方を覚える」という観点でお話しします。

基本的なコードをいくつか覚えると、シンプルなコード進行で曲っぽく弾くことができます。

トニック、ドミナント、サブドミナントという「自然な流れに感じる役割」を示す理論用語があります。

入門書では、たいてい「CのコードやCのコード進行」から説明されてますよね。Cのコード進行でいきなり登場してくるのが、初歩の難関Fコードです!

最初の難関!Fコード

誰が言ったか、ギターをはじめて最初につまずく、いわゆるFの壁というやつです。

ギターはじめたてあるあるで、ギターにハマるか辞めてしまうかのターニングポイントと言われています。

単純に、おさえ方が複雑。ギターをこれから覚える人にとっては、普段の日常にはない指の形をマスターしなきゃいけないんです。その指の形を瞬時に作って各弦をしっかりおさえてキレイに音を出すことが、最初は絶望的にできないんです💦

ゆっくりおさえても、ちゃんと音が鳴らせない。指痛い。

力ずくでおさえても、鳴るというものじゃない。指痛い。

CからAm!AmからF!F💦 F💦

……上手くおさえられないし、音がちゃんと鳴らない。もう指痛い。

 

全然Fができなくて、ギターが嫌になっちゃう人もいるかもしれません。

そんなのもったいないですよ。

何にも心配入りませんから、どんなに音が鳴らなくても、どんなにサッとおさえられなくても、毎日少しずつFをおさえてみてください。TVを観ながらでもいいです。人間の身体記憶能力はすごいのです。

しばらくすると、ちゃんとおさえられるように(鳴らせるように)なります!

「クセ」という表現があってるかわかりませんが、Fという指の形がもはや普通になる感覚です。一度、Fを鳴らす感覚をつかんだら、あとはさらになれるように練習するまで!

練習というと、なんだか義務的に感じるので、僕も練習という感覚ではギターを弾きません。「ギターに触る時間を多くする」といった言い換えでしょうか。

ギターを弾くこと自体がイヤになったら、何の意味もありません。

楽しくもないのにギター弾くのはナンセンスです。

もっともっとギターにハマると、ギターを弾くことは楽しいことじゃないとわかります。

ギターを弾くことは、気持ちいいことなんです。

楽しいことって、やがて飽きるんですよ。

最初はギターが楽しいかもしれません。でも、ずっとギターを弾き続けている人は、「ギターを弾くのは気持ちいい」という感覚を持ってると思うんです。

Fの壁を突破したら、きっとさらにギターにのめり込みますよ。

弾き語りだったら、一曲通して弾けたり、ギタリストでもバンドで一曲弾けたり。

うれしいんですよね。

ギターって不思議な楽器で、心と繋がってる感覚があると思うんです。

 

僕がFの壁にあたったのは小学5年生でした。

小学生でもFは弾けます。

最近の小学生は、ギターうますぎな子が多くて、僕はたまに凹みます 笑。

 

今、Fが弾けなくてイライラしても、気にせずギターを楽しんでください。

なんならFを無視して弾いたっていい。

大切なのは、ギターに熱中することですから。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)