アコギ弦の張り替え。こんな感じでやってます

アコギの弦を張り替えます

しばらく弦を張り替えていなかったので、今日はアコギの弦を張り替えます。

わざわざお見せするようなもんでもないんですが、アコギはじめたての方に何か参考になることもあるかもしれないと思いまして。

ついでにフレット磨きやボディの拭き上げもやるので。

僕のやり方は、比較的ざっくりとしています。でも結構キレイに仕上げます。

そんなに面倒なことをしないので、楽チンですよ。

最後には、張りたての弦のサウンドサンプルもあります。

では、画像とともにお楽しみください!

まずはフレットを磨きます

古い弦をはずしたら、軽く全体のホコリを乾拭きします。

その後、磨き用クリームをつけてフレットの黒ずみをキレイにします。

フレットというのは、ギターの指板に並んでいる金属のバーのことです。

丁寧な方は、指板にクリームが付着しないようにマスキングテープを貼るのかも知れませんが、僕はそこまでしません。磨き用の型枠と綿棒を使ってクリームを軽く付けて、タオルで磨きます。

このクリームは、いわゆる「金属磨き」で、フレット以外にもエレキの金属パーツなどに使用できますよ。

全フレットを磨いたら、次にコーティング剤をつけて拭きます。

コーティング剤で仕上げることで、汚れやサビ防止にもなり、次回フレット磨きするときも、ラクにキレイにすることができます。

僕はずっとこの組み合わせでフレットを磨いてますよ。

指板にレモンオイル

フレットを磨き終わったら、指板にレモンオイルを馴染ませて軽く拭きます。

汚れ落としと乾燥防止です。ギターの主な素材は木ですから、極度の乾燥はネックの不具合につながります。また、ブリッジ(弦をピンで止めている部分)にもオイルを馴染ませて乾燥を防ぎます。

オイルもいろいろ種類があるんですが、ハゲおじちゃんの絵が描いてある定番オイルしか使ったことありません。まるで自分の将来を見ているようなラベルのイラストです 笑。

ボディはポリッシュでツルピカに

指板のメンテが終わったら、次はボディやネックを拭きあげます。

ここではポリッシュと呼ばれるメンテナンス液を使用して、汚れ落としや艶出しをします。

いつも使ってるのは、定番ポリッシュです。

何種類かポリッシュも試しましたが、さすがに評判良いだけあってコレが一番ですね。

仕上げがピッカピカで、サラッサラ!

ウエスにポリッシュをつけて、表面の汗や汚れを落とすイメージで、磨くように軽く擦ります。その後に乾いたギター用クロスで乾拭きして仕上げます。

新しい弦を張ります

さあ、新しい弦を張っていきます。

今回はギブソンの弦を張りますが、アコギ弦もブランドがいろいろあります。ダダリオ、マーチン、ヤマハ、エリクサー、アーニーボールなど。好みですので、楽しみながら一通り試してみて、お気に入りを見つけるのがいいと思いますよ。




僕は、ダダリオ、ギブソン、ジョン・ピアーズ、マーチン、このあたりをその時の気分で選びます。ダダリオは無難。ギブソンは落ち着く。ジョン・ピアーズはゴージャス。マーチンはエレガント。各弦の超個人的感想です 笑。

僕のギターはヘッドが「スロッテッドヘッド」といって、クラッシックギターのような仕様です。一般的なアコギのヘッドとは違うので、弦の巻き方は参考にならないと思います。サラッと流しますね。

ブリッジピンは、ほとんどのアコギが同じような仕様なので、画像のように弦のエンドボールをホールに入れ、ブリッジピンを上から差し込んで固定します。

このとき、ピンを抑えながら軽く弦を引っ張って、弦とピンをかみあわせます。

そして弦の片側をヘッドのストリングポスト(弦を巻きつける穴が空いてる部分)に通して巻きつけます。

弦を巻く際には、指で軽く引っ張りながら、たるまないようにしながらペグ(ストリングポストを回す部分)を回していきます。適度に張った状態で巻きつけないと、ブリッジ側が中に入り込んでしまったり、ストリングポストから弦が外れてしまうんです。

弦の張り替えは何度もおこなっていれば慣れます。

徐々に自分のやり易い手つきが身に付いてきますから、最初はうまくいかなくても気にせずに。

極端な話、チューニングできる状態で張られていれば、ギターは弾けますから 笑。

張りたて弦のサウンド

新しい弦と古い弦、音の違いがあるの?

新しい弦は、ジャリジャリ感や煌びやかさがあります。バリっとして元気な感じです。

弦が古くなるにつれて、だんだん最初のジャリジャリ感がなくなって、音の角が丸くなり落ち着いたサウンドになります。

参考までに、音叉(おんさ:昔ながらのチューナー)の音と、張りたて弦のサウンドサンプルです。

音叉の音

 

張りたて弦サンプル

 

あと、ギターと弦の相性もあるんです。

ギターは使用されている木の材質でサウンドが違います。なので、そのギターにちょうどいい(と自分が感じる)弦を見つけるのも、ひとつの楽しみでもあります。

例えば、僕のギターは、ジャーマンスプルースとローズウッドというボディ材です。詳細は省きますが、クッキリとした音で、わりと硬めなサウンドです。なので、ギラギラ感が強い弦を張ると、キンキンし過ぎて耳に痛いと感じます。

 

 

今回はギブソンの弦を張っていますが、この弦の好きなところは、「張りたて感がなくなってからのドッシリ感」です。しばらく弦交換しなくても、なんとなく気持ちいい音なんです。

「おすすめ弦はどれ?」といわれたら、「試してみるのが面白いですよ」って答えたい。

しっくりくる弦は、ギターによって変わるので。

おまけでフルアコとベースも

フレット磨きとボディの拭きあげだけですが、フルアコとベースもついでに。

フルアコはしょっちゅう弾いてますが、ベース(通称お豆さん)はDTMの時しか触らないですから、結構ホコリかぶっちゃって💧

たまぁに、ボン、ボボンと地味なベースの練習をするくらい。本当はベースも奥が深くて、練習をたくさんしなきゃ上手くならないんですが、ギターで手一杯です 笑。

お部屋の掃除と同様に、ギターのメンテも終わると気分がスッキリするんですよ。

我が音楽隊には、これからも頑張ってもろて、できればお金を稼ぐ仕事に活躍してもろて。

Make Blues HappyなKazumichiワークスのサウンドを支えてもらいます。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)